高津区版 掲載号:2019年6月28日号 エリアトップへ

女子プロボウラー“さわやか律子さん” 溝口で「50周年の節目」 式典成功裏に関係者尽力

スポーツ

掲載号:2019年6月28日号

  • LINE
  • hatena
沢山の祝辞と花束などを受け取る中山律子プロ(写真上)/囲み取材も行われた(写真下)
沢山の祝辞と花束などを受け取る中山律子プロ(写真上)/囲み取材も行われた(写真下)

 日本ボウリング界を支え続けた中山律子氏が、プロ生活50周年を迎え、6月22日に記念イベントを行った。かつて「さわやか律子さん」の愛称で一世を風靡したレジェンドの節目を祝うべく、会場に名乗りを上げた溝口のボウリング場では、式典を成功裏に導き安堵の表情を見せている。

 ボウリングブームの牽引役として、半世紀にわたり活躍してきた中山律子プロは現在77歳。その数々の功績は枚挙に暇がなく、抜群の知名度と人気は今でも健在。そんな伝説的な存在の節目を祝おうと、「ボウリングの日」(6月22日)に区内・溝口にあるムサシボウルにはファンや関係者など約200名が来場。この日の午前中、ファンとの記念大会に臨んだ中山プロは始球式で往年の雄姿を披露。参加者との記念撮影にも気さくに応じるなど交流を楽しんでいた。

 また午後の記念パーティーではボウリング協会の関係者やプロの同期生なども駆け付け、会場となったイベントスペースは祝賀ムード一色に。専門誌やスポーツ紙の記者が大挙押し寄せ「囲み取材」も行われるなど、関心の高さを物語っていた。

後進育成の契機に

 当初は都内ホテルなどでの実施も検討されていた今回の記念イベント。最終的には、13年前から顧問を務めている縁もあり、ムサシボウルが会場に。万端の準備が実り盛況のうちにセレモニーを終えた同社・渡邉直人専務は「多くの方に中山プロの節目を祝って頂き、本当にありがたい」と、ホッとした表情。今後は後進のジュニア選手育成を目論む中山プロの意向に沿う形で、子ども向けの大会やレッスンなどを企画したい、としている。

記念大会では始球式も
記念大会では始球式も

高津区版のトップニュース最新6

市内96人、任期満了へ

民生委員児童委員

市内96人、任期満了へ 政治

高齢化、担い手不足に課題

8月23日号

服で伝えるセネガル文化

久本在住樋口さん

服で伝えるセネガル文化 文化

「着物ショー」でPRに一役

8月23日号

旧校舎にも愛着持って

高津小おやじの会

旧校舎にも愛着持って 教育

善意の「ペンキ塗り」今年も

8月16日号

二子の補聴器店が優秀賞

かながわ産業Navi

二子の補聴器店が優秀賞 経済

独自の販売手法に評価

8月16日号

「未来都市」に川崎市

国連SDGs

「未来都市」に川崎市 社会

環境施策、将来性など評価

8月9日号

「10年の歩み」1冊に

久地円筒分水サポートクラブ

「10年の歩み」1冊に 文化

記念誌で「記憶を記録」へ

8月9日号

“住民手づくり”40回

橘ふるさと祭り

“住民手づくり”40回 文化

自治会、団体地域総出で

8月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第4話 その1 宮田  義彰さん

    8月23日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第3話 その4 青山 昭久さん

    8月16日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月23日号

お問い合わせ

外部リンク