高津区版 掲載号:2019年10月4日号 エリアトップへ

9月5日付で高津警察署長に就任した 三鬼 洋二さん 溝口在住 56歳

掲載号:2019年10月4日号

  • LINE
  • hatena

誇りかけ、地域の安全守る

 ○…就任後初の訓示では約200人の署員に「警察官としてのプライドをかけた仕事をしよう」と伝えた。区内は「凶悪犯罪が少なく、地元の人がボランティア活動に一生懸命」と映る。また、特殊詐欺や交通事故などが多発する状況に「課題も見えてきた」とも。「行政や地域の方と協力して治安のいい街にしていく」

 ○…前任は県警本部捜査第一課課長。機動捜査隊など、38年になるキャリアの約半分は「刑事」で経験を積んだ。30代前半で念願の県警本部捜査一課に配属。「24時間刑事。年中呼び出しがあり、ホシ(犯人)が割れなきゃ上司から『税金どろぼう』と怒鳴られる。重圧で胃は穴だらけ」と当時を振り返る。凄惨な事件に向かうとき原動力となるのはご遺族。「亡骸が腐り、ドラマのようにすがりつけないんですよ。気が狂いそうになる家族の前できついだのは言ってられない」と静かに語る。今年発生した登戸事件は捜査一課長として関わった。「巻き込まれた方、ご家族は動機なり色々知りたかっただろう。どうにもならなかったですね」と悔しさが滲む。

 ○…三重県出身。漁師の町で育った。「放課後親戚の船で沖に出てタイやブリを釣ったな」と表情が緩む。漁師の道を考えていたが、高校2年生の時、愛知県で起きた誘拐殺人事件の犯人逮捕の様子をテレビで見た時に変わった。「1カ月以上の捜査でクタクタにくたびれた捜査員が恰好よく見えた。なんかいいなって」

 ○…二人の娘、妻は横須賀で暮らす。「家に帰ればうるさい親父扱い」と父親の顔で笑う。散策が趣味。「歴史あるものが好き。円筒分水に行ってみたい」と興味深々だ。もう一つの趣味の釣りはしばらくお預けという。「何かあったとき駆け付けるのが遅くなる」。誇りをかけ高津区の街を守る。

高津区版の人物風土記最新6

中沢 大輔さん

多摩川緑地バーベキュー広場の統括責任者を務める

中沢 大輔さん

中原区在住 37歳

10月11日号

佐藤 征一郎さん

9月29日に開演する「民話オペラ」の総監督を務める

佐藤 征一郎さん

末長在住 79歳

9月27日号

秋元 英樹さん

老舗酒屋の三代目として地域イベントなど精力的に盛り上げる

秋元 英樹さん

溝口在住 49歳

9月20日号

樋口 愛さん

先月、セネガルの文化を伝える「着物ショー」を高津市民館で開催した

樋口 愛さん

久本在住 43歳

9月13日号

矢澤 隼人さん

全国消防救助技術指導会「溺者救助」で入賞したチームのひとり

矢澤 隼人さん

高津消防署久地出張所勤務 26歳

9月6日号

鈴木 浩一さん

開館40周年を迎えた「川崎市民プラザ」館長を務める

鈴木 浩一さん

新作勤務 60歳

8月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

仮装でBBQをしよう

仮装でBBQをしよう

その場で撮影、写真進呈

10月19日~10月27日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第5話 その4 山田 義太郎さん

    10月11日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第5話 その3 山田 義太郎さん

    10月4日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第5話 その2 山田 義太郎さん

    9月27日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク