高津区版 掲載号:2020年2月14日号 エリアトップへ

JR南武線津田山駅 「自由通路」6月供用へ 利用者の”悲願”まもなく

社会

掲載号:2020年2月14日号

  • LINE
  • hatena

 アクセスの向上などを目的に、2017年から各種工事などが進められてきたJR南武線「津田山駅」。橋上化(きょうじょうか)事業の進捗にあわせ昨年、一部供用が始まっていた「自由通路」が、今年6月から全面的に使用できる事がこの程、発表された。

総工費約22憶円

 南武線「津田山駅」の利便性向上などを主な目的に、川崎市の要望を受けたJRが総工費約22億円を投じて進めてきたこの事業。昨年までに、旧駅舎を移動させ、線路の上に新たな駅舎を設置する「橋上化」と呼ばれる工事が完了。乗降ホームに直結するエレベータが備わりバリアフリー化にも対応するようになった。

南北往来、可能に

 またこの事業のもう一つの目玉「自由通路」については現状、北口側からのみ利用可能。だが同駅は元々、旧駅舎にほど近い「津田山第一踏切」などで朝のラッシュ時等に殆どの時間、往来できなくなる「開かずの踏切」状態が長きにわたり継続。利用者の不満要因だったが、これを一部改善する役割を担っている。さらに今回「南口側からの供用も6月に開始される」という発表を受け、自由通路による北口側への往来も可能となる。

安全な登下校、実現

 南口側出入口の至近にある「下作延小学校」では、これまでは前出の踏切を渡るルートで登下校する児童も多く、保護者からは「1日も早く南口の工事を完成させて、自由通路で安全な登校を実現させて欲しい」といった声も寄せられていた。

 全面開通を前に、新たな改修工事も必要となっているが、川崎市ではこうした近隣住民などの”悲願”ともいえる要望に早急に応えるべく、当面は暫定的な「仮設通路」を整備する方針。6月から供用を開始できる見込みとなっている。

工事が進む駅南側の出入口と通路
工事が進む駅南側の出入口と通路

高津区版のトップニュース最新6

「前段階」識別に新検査

認知症対策

「前段階」識別に新検査 社会

市、タブレット使い試行へ

2月21日号

「冬の風物詩」今年も

大山街道ふるさと館

「冬の風物詩」今年も 文化

フェス装い新たに開催へ

2月21日号

風水害対策に81.9億円

川崎市予算案

風水害対策に81.9億円 経済

復旧継続、「備え」強化へ

2月14日号

リーグ戦一旦中止で「恩返し」

高津親睦ソフト

リーグ戦一旦中止で「恩返し」 社会

地域ボランティア申し出

2月7日号

エジプトから“授業参観”

上作延小学校

エジプトから“授業参観” 教育

「自主性重視」の利点伝える

2月7日号

念願叶え「晴れ舞台」へ

北見方在住石関武之さん

念願叶え「晴れ舞台」へ 文化

全国俳句大会で特選輝く

1月31日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第9話 その2 斉藤 マキ子さん

    2月21日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第9話 その1 斉藤 マキ子さん

    2月14日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク