高津区版 掲載号:2020年3月13日号 エリアトップへ

「加入促進」課題に取り組む 瀧村さんが新会長に

社会

掲載号:2020年3月13日号

  • LINE
  • hatena
抱負を語る区内・久地在住の瀧村会長
抱負を語る区内・久地在住の瀧村会長

 川崎市全町内会連合会の正副会長、役員会議が3月3日に開催され、高津区全町内会連合会の会長を務める瀧村治雄(82)さんが新会長に就任した。瀧村会長は「オール川崎で知恵を出し合い、共通の課題である加入促進に取り組みたい」と抱負を語った。

 川崎市全町内会連合会の前会長、鏑木茂哉さんが今年2月に逝去。任期の途中だったが、3月の正副会長、役員会議で急遽、瀧村会長が新会長に選出された。瀧村会長は「急な事態で驚いているが、重要な役を受けたと思っている」と話す。

 川崎市全町内会連合会は市内7区の全町内会連合会で構成され、町会活動を研究する研修会の実施や、各区の課題を市長に伝える対市要望などの活動を行っている。市の自治会、町内会数は649団体。加入世帯数は、2019年4月1日時点で44万2213世帯、加入率は60・2%。10年前と比べて加入世帯数は約7900世帯増加しているが、加入率は7・1ポイント減少している。

 瀧村会長は「各区、地域性はさまざまだが、共通の課題は『加入促進』。新たに転入してくる人、まだ加入していない人たちに、どう加入を進めていくのか、知恵を絞りたい」と話す。

 福田紀彦市長は、昨年台風19号による被災以降、「地域のつながりの重要性」を強調。「地域防災力」を高めるため、川崎市は来年度、町内会・自治会への加入促進を強化する方針を打ち出している。瀧村会長は「有事の際、ひとつの大きな目的をもち、問題の解決に当たれるのは、町会、自治会の大きな存続意義」としながら、「初めは『向こう三軒両隣』であるご近所付き合い。地域に関心を持つことからだと思う」と話す。

 瀧村会長は94年から久地第一町内会、14年から高津区全町内会連合会の会長を務めている。

台風19号被害、現場の声届け

復旧・豪雨対策が加速!「緊急要望書」を市長に提出しました。

https://komei-kawasaki.com/

<PR>

高津区版のトップニュース最新6

台風以来、半年ぶり再開

多摩川緑地BBQ広場

台風以来、半年ぶり再開 社会

コロナ感染予防、対策に注力

4月3日号

「オンライン」に活路を

タウンレポート

「オンライン」に活路を 社会

コロナ自粛の中、区民模索

4月3日号

新制度に相談急増

川崎市中小融資

新制度に相談急増 経済

コロナ窓口、半月で875件

3月27日号

高津区企業2社に表彰状

生産性向上働き方改革

高津区企業2社に表彰状 社会

先駆者的な取組みを評価

3月27日号

河川逆流時は「ゲート閉門」

川崎市台風検証

河川逆流時は「ゲート閉門」 社会

4月に最終結果、住民説明へ

3月20日号

国文化財に正式登録

二ヶ領用水

国文化財に正式登録 文化

川崎市 案内板新設へ補助金申請

3月20日号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第10話 その3 高品千鶴子さん

    4月3日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第10話 その2 高品千鶴子さん

    3月27日号

  • 教えて!職人さん

    教えて!職人さん

    vol.2  「塗装業者選びの判断基準」とは?【1】

    3月27日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク