高津区版 掲載号:2020年3月13日号 エリアトップへ

「加入促進」課題に取り組む 瀧村さんが新会長に

社会

掲載号:2020年3月13日号

  • LINE
  • hatena
抱負を語る区内・久地在住の瀧村会長
抱負を語る区内・久地在住の瀧村会長

 川崎市全町内会連合会の正副会長、役員会議が3月3日に開催され、高津区全町内会連合会の会長を務める瀧村治雄(82)さんが新会長に就任した。瀧村会長は「オール川崎で知恵を出し合い、共通の課題である加入促進に取り組みたい」と抱負を語った。

 川崎市全町内会連合会の前会長、鏑木茂哉さんが今年2月に逝去。任期の途中だったが、3月の正副会長、役員会議で急遽、瀧村会長が新会長に選出された。瀧村会長は「急な事態で驚いているが、重要な役を受けたと思っている」と話す。

 川崎市全町内会連合会は市内7区の全町内会連合会で構成され、町会活動を研究する研修会の実施や、各区の課題を市長に伝える対市要望などの活動を行っている。市の自治会、町内会数は649団体。加入世帯数は、2019年4月1日時点で44万2213世帯、加入率は60・2%。10年前と比べて加入世帯数は約7900世帯増加しているが、加入率は7・1ポイント減少している。

 瀧村会長は「各区、地域性はさまざまだが、共通の課題は『加入促進』。新たに転入してくる人、まだ加入していない人たちに、どう加入を進めていくのか、知恵を絞りたい」と話す。

 福田紀彦市長は、昨年台風19号による被災以降、「地域のつながりの重要性」を強調。「地域防災力」を高めるため、川崎市は来年度、町内会・自治会への加入促進を強化する方針を打ち出している。瀧村会長は「有事の際、ひとつの大きな目的をもち、問題の解決に当たれるのは、町会、自治会の大きな存続意義」としながら、「初めは『向こう三軒両隣』であるご近所付き合い。地域に関心を持つことからだと思う」と話す。

 瀧村会長は94年から久地第一町内会、14年から高津区全町内会連合会の会長を務めている。

高津区版のトップニュース最新6

苦悩続く「ニート就労支援」

タウンレポート

苦悩続く「ニート就労支援」 社会

コロナ禍、状況悪化も

9月25日号

13年ぶりの改訂版

文学碑めぐり

13年ぶりの改訂版 文化

活性協、住民要望受け発行

9月25日号

防災功労で総理大臣表彰

高津消防団

防災功労で総理大臣表彰 社会

東日本台風の活動評価

9月18日号

「舞台で度胸試し、いかが?」

市民プラザふるさと劇場

「舞台で度胸試し、いかが?」 文化

一般開放の利用料、半額に

9月18日号

「手持ち」で多摩川花火を

二子大通り商和会

「手持ち」で多摩川花火を コミュニティ文化

通常禁止のエリアで催し

9月11日号

来年「マスク無し」願って

なかよしコンサート

来年「マスク無し」願って 文化

収録動画を無料で配信

9月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年9月25日号

お問い合わせ

外部リンク