高津区版 掲載号:2021年3月12日号 エリアトップへ

南原小学校 シャボン玉に歓喜 コロナ禍、児童に思い出を

文化

掲載号:2021年3月12日号

  • LINE
  • hatena
シャボン玉オヤジのパフォーマンスに喜ぶ児童ら
シャボン玉オヤジのパフォーマンスに喜ぶ児童ら

 コロナ禍でさまざまな行事が中止・縮小を余儀なくされた小学校。市立南原小学校(澁谷加寿子校長)では、保護者の発案を基に企画された「子ども元気プロジェクト」を3月2日に実施。シャボン玉のパフォーマンスが披露され、校庭に子どもたちの笑顔が咲いた。

 「わあ、すごい!」「こっちにも来てよー」。子どもたちが見上げるのは、大小さまざまなシャボン玉。この日、パフォーマンスに訪れたのは、生田緑地や二子玉川公園など野外でシャボン玉を飛ばす「シャボン玉オヤジ」(本名非公開)。当日は10種類の道具を使ったシャボン玉を音楽に合わせて披露。児童らは歓声を上げて、手を伸ばしながらシャボン玉を追いかけた。野田朝聖(あさひ)君(1年)は「大きいシャボン玉が見られてうれしかった。感動した」、石田千紗季(ちさき)さん(6年)は「イベントがなくて皆落ち込んでいたから、いい思い出になった。皆を喜ばせていてすごかった」と話した。

保護者の提案が実現

 この企画が立ち上がったのは、1月上旬。保護者の岩川舞さんの提案からだった。きっかけは、岩川さんの長女・椿さん(6年)が「友達とお泊り会をしたい」と口にしたこと。岩川さんが「こんな時期に何言ってるの」と強く注意すると、椿さんは涙を流してしまったという。「今までずっといろんなことを我慢していたんだと、もらい泣きしてしまった」と岩川さん。このやり取りをSNSに投稿すると、もともと交流のあったシャボン玉オヤジが子どもたちを元気づけようと、「学校に飛ばしに行きましょうか」と反応してくれた。

 岩川さんの提案に学校側も快諾。3学年ごとに分け、学年別に鑑賞エリアを決めるなどの感染症対策を行いながらの開催が決定した。澁谷校長は「子どもたちが心を開放して楽しんでいる。この会が開けて、本当にありがたい」と感謝した。

 シャボン玉オヤジはハワイの諺「No Rain,No Rainbow(雨が降らなければ虹はできない)」を例にあげ、「コロナで思い出が削られる辛い状況が続くが、物事には良い面と悪い面の両方が必ず存在する。最悪と思うときでも、その陰に小さな幸せが隠れていることを忘れないで」と児童らにメッセージを送った。
 

高津区版のトップニュース最新6

新規ワクチン「打ち止め」へ

高津市民館

新規ワクチン「打ち止め」へ 社会

今後「3回目会場」可能性も

10月22日号

逆境乗り越え、全国へ

坂戸小合唱団

逆境乗り越え、全国へ 文化

新メンバーで「一致団結」

10月22日号

水道の歴史、資料で探る

川崎市給水開始100年

水道の歴史、資料で探る 文化

溝口・ふるさと館で企画展

10月15日号

水位上昇に「警告灯」

平瀬川

水位上昇に「警告灯」 社会

東日本台風受け、区が導入

10月15日号

「プペル」バレエで表現

洗足学園大卒業生ら

「プペル」バレエで表現 文化

本日より動画公開

10月8日号

資源物持ち去り、罰金も

川崎市

資源物持ち去り、罰金も 社会

来年4月施行目指す

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook