高津区版 掲載号:2021年7月2日号 エリアトップへ

NPO法人手を洗おう会 セネガルとの懸け橋に 高津中を会場に交流企画

コミュニティ文化

掲載号:2021年7月2日号

  • LINE
  • hatena
篠笛やソーラン節の様子が現地・セネガルに同時配信された
篠笛やソーラン節の様子が現地・セネガルに同時配信された

 セネガルなどで、手洗い指導等の活動を行うNPO法人「手を洗おう会APHW」(古屋典子理事長)が6月26日、高津中学校で国際交流イベントを開催した。当日は同校卒業生による篠笛の楽曲演奏などがインターネット配信で披露され、催しの盛り上げにひと役買っていた。

 この日、行われた篠笛の披露は同NPO法人が手掛ける、セネガルの学校へ本を贈るプロジェクトの一環。当日実施された「寄贈式」のオープニングを飾るプログラムとして、登場した高津中学校を卒業した高校生たちが篠笛と尺八で「さくら」を披露。演奏の様子はオンラインによるウェブ会議サービス「Zoom」により、セネガルに同時配信された。

小学生との交流も

 またこのセレモニーでは、セネガルの著名人などから直接、本の寄贈に対する感謝のスピーチがリアルタイムで届けられるなど、ネット社会の利便性の高さを物語る場面も。セネガルの小学生との「ダンス合戦」では、現地の小学生による民族舞踊が紹介された後、高津区などから参加した地元の小学生も「ソーラン節」を元気いっぱいに披露。子ども同士の質疑応答で、互いの文化を理解し合うなど、有意義な時間を過ごしていた。

「飛び入り」に大喜び

 さらに当日、久本にある富士通ゼネラル体育館をたまたま練習で訪れていたセネガルのプロバスケットボール選手がイベントの事を聞きつけ「飛び入り」で参加するサプライズ。小学生などからの矢継ぎ早の質問攻めにも優しく応え続ける姿に、会場は温かな雰囲気に包まれていた。

 催しを主に手掛けたのは、同NPO法人に所属する区内在住の樋口愛さん。「7月にも地元小学生を対象に、セネガルの子ども達とZoomで繋がり意見交換などを行う体験イベントを行うので、ぜひ多くの参加を」と呼び掛けていた。

ネせガルのバスケ選手に会場もヒートアップ
ネせガルのバスケ選手に会場もヒートアップ

高津区版のトップニュース最新6

高津消防団と強力タッグ

アルソック溝ノ口支店

高津消防団と強力タッグ 社会

「機能別団員」に初任命

9月17日号

「4年間の達成度は?」

福田市長マニフェスト

「4年間の達成度は?」 政治

大学准教授ら5人が検証

9月17日号

地域に広がれ「美唄(びばい)の味」

日本理化学工業(久地)

地域に広がれ「美唄(びばい)の味」 経済

コンテナ直売所、今秋新設

9月10日号

規模縮小、今年も

溝口神社例大祭

規模縮小、今年も 文化

関係者での神事のみ挙行

9月10日号

中学生からの手紙に感激

久地第二町会

中学生からの手紙に感激 コミュニティ教育

通学路の見守り活動で

9月3日号

生理用品、支援法を模索

県立高校

生理用品、支援法を模索 社会

大師高 トイレに試験設置

9月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook