高津区版 掲載号:2021年7月9日号 エリアトップへ

坂戸KSP内地元企業「A-LIFE」 「マタニティマーク」応援へ 都営地下鉄にPR掲出

社会

掲載号:2021年7月9日号

  • LINE
  • hatena
都営地下鉄三田線の一部車両に掲出されたPR
都営地下鉄三田線の一部車両に掲出されたPR

 区内坂戸にある開発施設「かながわサイエンスパーク」(KSP)にオフィスを構える「株式会社A-LIFE」(武田泉穂 代表取締役)が、先月下旬から都営地下鉄三田線の車両内にPRを掲出。妊産婦に優しい環境づくりなどを目的に、厚労省が推進している旗印「マタニティマーク」の普及に努めている。

 「マタニティマーク」は2006年、妊娠・出産に関する安全性と快適さの確保を目指し厚生労働省が発表したもの。基本的に自治体の窓口で母子手帳と共に無料配布されており、妊婦が交通機関等を利用する際に身につけ、周囲に妊婦であることを示しやすくする役割を担っている。また交通機関などにはこのマークへの理解を呼びかけるポスターなども掲示され、妊産婦に優しい環境づくりが年々、推進しつつあるといわれている。

優先席にメッセージ

 そんな中、区内坂戸にある「株式会社A-LIFE」でも、都営地下鉄三田線(1編成)に、このマタニティマークを応援するPRを掲出した。期間は2022年6月24日までの1年間。同社では妊娠初期、胎児の成長はもちろん、母親の健康維持などにおいても重要な時期にもかかわらず、外見からは見分けがつかない事などを問題視。さらに「電車で席に座れない」「たばこの煙が気になる」などといった苦労が多い事なども考慮し、車両内の優先席横にある連結部(計5カ所)に「妊産婦さんへ思いやりを!」といったメッセージを掲げている。

「妊活サプリ」相乗効果に期待

 元々同社は、不妊治療中の男女を対象とした「妊活サプリメント」等の製造・販売を手掛けており、オフィスを構える高津区では無料モニター募集活動などを展開。寄せられた近隣からの声を新商品に役立てるなど、地域に寄り添った研究開発を行っている。

 同社・武田代表は「電車内でのPR掲出は、弊社では初めての試み。これからも一人でも多くの方々の妊活をサポートしていければ」などと話し、自社商品との様々な相乗効果に期待しつつ、今回の取り組みの意義を説明していた。

高津区版のトップニュース最新6

川崎の魅力 大漁旗に

高津高校定時制

川崎の魅力 大漁旗に 社会

地域の大人と一体で制作

9月24日号

「コロナワクチン」後押し

マルイファミリー溝口ノクティプラザ

「コロナワクチン」後押し 社会

接種当日サービスを拡充

9月24日号

高津消防団と強力タッグ

アルソック溝ノ口支店

高津消防団と強力タッグ 社会

「機能別団員」に初任命

9月17日号

「4年間の達成度は?」

福田市長マニフェスト

「4年間の達成度は?」 政治

大学准教授ら5人が検証

9月17日号

地域に広がれ「美唄(びばい)の味」

日本理化学工業(久地)

地域に広がれ「美唄(びばい)の味」 経済

コンテナ直売所、今秋新設

9月10日号

規模縮小、今年も

溝口神社例大祭

規模縮小、今年も 文化

関係者での神事のみ挙行

9月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook