高津区版 掲載号:2021年10月15日号 エリアトップへ

川崎市給水開始100年 水道の歴史、資料で探る 溝口・ふるさと館で企画展

文化

掲載号:2021年10月15日号

  • LINE
  • hatena
今年八丁畷駅付近で発掘された1919年当時の配水管(写真上)、明治〜大正の資料
今年八丁畷駅付近で発掘された1919年当時の配水管(写真上)、明治〜大正の資料

 大正10年(1921年)に川崎で水道が完成し、給水が開始してから今年で100年。区内にある「大山街道ふるさと館」(溝口3の13の3)では現在、企画展「給水開始100年―近代川崎を切り拓いた水道―」が行われている。主催は川崎市市民ミュージアム(詳細問合せ【電話】044・754・4500)。

古(いにしえ)の「配水管」展示も

 1889年に町制が施行された旧川崎町では主に二ヶ領用水の水を生活用水として利用していたが、水質は良いとはいえない状態で、人々は水不足に悩まされていたという。また、明治末期に注力されていた工場誘致のためには水道は不可欠であり、これらを機に川崎町に水道が敷設されることになった。

 今回の企画展では水道敷設時の資料や市制施行前後からその後の都市形成を表す水道関係の資料を約50点展示。今年、京急本線八丁畷駅付近で工事中に発掘された1919年の鋳(ちゅう)鉄管(鉄製の配水管)もある。また、溝口飲料水路図など高津地域の水利用に関する資料も揃っている。

 主催者は「川崎の成り立ちに水道敷設が深く関わっていることを知ってほしい」と話している。

 観覧無料。午前10時〜午後5時。11月28日(日)まで。また期間中、館内では今夏募集された「うれしい蛇口コンテスト」の全作品481点も展示されている。

高津区版のトップニュース最新6

文科省から優良表彰

久末小父母と先生の会

文科省から優良表彰 教育

組織改編、利便性向上図る

12月3日号

市、「対象は制定後」

犯罪被害者支援条例

市、「対象は制定後」 社会

登戸事件 既存策で対応へ

12月3日号

4年ぶり 故郷に「返還」

準絶滅危惧種「エビネ」

4年ぶり 故郷に「返還」 社会

官民連携で保全に成功

11月26日号

塗装技能で「匠」に

新作「丸紘」勤務綾部淳さん

塗装技能で「匠」に 社会

かわさきマイスター認定

11月26日号

いざに備え防災訓練

川崎市

いざに備え防災訓練 社会

新システム活用も

11月19日号

賃貸物件に「ダイチャリ」

不動産会社エヌアセット

賃貸物件に「ダイチャリ」 社会

来夏までに新規50カ所

11月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook