中原区版 掲載号:2020年4月3日号 エリアトップへ

国の文化財に登録された門と稲荷社を有し、地元不動産企業で代表を務める 原 正人さん 小杉陣屋町在住 63歳

掲載号:2020年4月3日号

  • LINE
  • hatena

再開発に挑んだ「12代目」

 ○…「自分の責務を果たせた。ご先祖様に報告できる」と国の文化財登録を喜ぶ。地元の有力な旧家の12代目で、幼い頃過ごした大きな木造建築の母屋が父によって市に寄贈された後、跡地にマンションを建設。敷地内に残した表門と稲荷社を融合したデザインを施し、街の歴史を感じられる景観を作り出した点が評価されたことにも、手応えを感じている。「父の成した大事業は母屋を市に寄贈したこと。私の代では何ができるかずっと考えていた」。

 ○…今夏には小杉駅前に自身の集大成ともいえる大規模複合施設が完成予定。小杉3丁目の再開発に地権者の1人として20年以上、携わってきた。また、まちの歴史や記憶を次世代に伝える街づくりを目指し、事業に関わるたくさんの人と意見を出し合ってきた。「都市開発に計画から完成まで携われるのは、なかなかない。自分の年齢も含めてタイミングが良かった」と感慨深げだ。

 ○…「悪いガキ大将だった」と自嘲する少年時代。自宅の庭で車を運転しようとして、お仕置きで蔵に閉じ込められたことも。学生時代から文化祭や仲間内のスキーツアーなどを企画するのが好きで「イベントやるなら原に頼め」と周りから慕われた。厳しい父への反抗心もあって、就職は意志を通して大手広告代理店「電通」に。父に反対されたが、この時に培った「人を巻き込んで計画を動かす力」が今の仕事に生かされている。

 ○…20代から続く趣味はゴルフ。今も週1回は欠かさず、腕を磨く。「ついに先週は初めてハーフラウンドで1アンダーを出せたんだよ」と嬉しそう。今後の目標については「小杉3丁目の事業が落ち着いたら、65歳で隠居して、世界中を自由に旅してみたい」と目を輝かせる。

中原区版の人物風土記最新6

佐藤 由加里さん

かわさきこども食堂ネットワークの代表を務める

佐藤 由加里さん

高津区在住 54歳

5月1日号

寺田 幸生さん

JR武蔵小杉駅の駅長を務める

寺田 幸生さん

小杉町在勤 51歳

4月24日号

なかの 真実さん(本名:中野真実)

子ども向けの絵本『いきものづくし ものづくし』の絵描きの一人に抜擢された

なかの 真実さん(本名:中野真実)

木月大町在住 35歳

4月17日号

原 正人さん

国の文化財に登録された門と稲荷社を有し、地元不動産企業で代表を務める

原 正人さん

小杉陣屋町在住 63歳

4月3日号

岡野 敏明さん

川崎市医師会の会長で、ダイヤモンド・プリンセスでの医療チームに参加した

岡野 敏明さん

多摩区在住 60歳

3月27日号

瀧村 治雄さん

川崎市全町内会連合会会長に就任した

瀧村 治雄さん

高津区在住 82歳

3月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月22日0:00更新

  • 8月30日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月22日号

お問い合わせ

外部リンク