中原区版 掲載号:2021年3月12日号 エリアトップへ

まちの「はてな」に迫る【1】 農家を支えた「関東一」の水車 中丸子・野口家

文化

掲載号:2021年3月12日号

  • LINE
  • hatena

 中丸子用水沿いにかつて、高さ9メートルもの「関東一」と言われた大型水車があった。「コットン、コットン」という水車の軽快な音が中丸子の日常だったという。

 水車は1889年頃、野口家の13代目当主・七左衛門さんが設置。近隣の農家が、米や麦などの穀類をひくのに貸し出していた。関東一と言われていただけあって一度に挽ける量は米が十俵、麦が五俵。噂を聞いて大森や大師から馬に乗ってくる人もいたという。

 豊かな多摩川の恩恵を受ける一方で、氾濫の度に故障に悩まされてもいた。1923年の関東大震災ではとうとう、復元不可能なほどに壊れてしまったという。

 震災後、再び水車が造られることはなかった、当時の名残から今も野口家の屋号は「水車や」。残された臼などは昨年、七左衛門さんのひ孫にあたる守重さん(71)が自宅の庭に整えた。大震災もその後の第二次世界大戦の戦火も免れた「水神様」も祀られている。守重さんは「大切な地域の歴史。良い形で残していければ」と話す。

参考文献:藤嶋とみ子『四季の眺め〜昭和・平成のおもいで〜』

中原区版のローカルニュース最新6

「目の検診、充実を」

市眼科医会

「目の検診、充実を」 社会

副市長に要望

6月11日号

3人体制で新たな一歩

3人体制で新たな一歩 文化

川崎純情小町☆

6月11日号

警察署窓口、4時までに

警察署窓口、4時までに 社会

オンライン化に向け試行

6月11日号

所属委員会決まる

神奈川県議会

所属委員会決まる 政治

6月11日号

川崎、ファンと結束強め

バスケB1

川崎、ファンと結束強め スポーツ

感謝祭に1400人超

6月11日号

「日々の生活にSDGsを」

「日々の生活にSDGsを」 社会

小泉大臣インタビュー

6月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter