川崎区・幸区版 掲載号:2019年12月20日号 エリアトップへ

小倉公会堂で若手演芸選手権を行ったNPO法人リールの代表理事を務める 菊池 明美さん 幸区在勤

掲載号:2019年12月20日号

  • LINE
  • hatena

人生、笑いと人情

 ○…落語会やビーズ教室などを開催し、笑いと学びで地域活性化をはかるNPOの活動を続けて10年。世田谷区の自宅でビーズ教室を開きながら、子どもたちのたまり場を作りたいと思っていた。2009年、コミュニティ紙で知った「KS(川崎・専修)コミュニティ・ビジネス・アカデミー」に参加し、川崎区の市民活動で汗を流してきた原田歩さん(故人)ら信頼できる仲間と出会い、同期生とNPO法人リールを立ち上げた。

 ○…落語との出会いは14年前。兄が経営する駒込の音楽サロンに当時二つ目だった林家ぼたんさんが場所を借りに来た。それまで全く落語に興味もなかったが、貧乏しながら「若い人が日本の伝統文化を守るために頑張っている」姿を見て応援したくなった。リールとして2010年5月にラゾーナプラザソル寄席で旗揚げ。以来、市内のいろいろな場所で10年間、寄席を続けてきた。4年前に原田さんが急逝し、どん底に落ち込んだこともあったが、原田さんの後輩にあたる幸区小倉の土倉護曜(とくらもりあき)さんの協力もあり、活動を継続。「人との繋がりで助けられてきた」と感謝する。

 ○…東京都北区駒込出身。人前に出て楽しませることが好きで、中学生時代にはお笑い芸人になりたいと思っていた。「いま落語家の応援をしているのは、当時の思いと通じるところがあるのかもしれない」と笑う。趣味は映画鑑賞。忙しい毎日だからこそ自分の引き出しが空にならないように、何でも見るようにしている。

 ○…現在、小倉では老人ホームで地域の人に向けたビーズ教室を毎月行い、年1回、公会堂で若手演芸選手権を開催している。「一番辛い時に助けてもらったので、今できる精一杯で恩返しをしたいと思っている」

川崎区・幸区版の人物風土記最新6

緑川 愛(あいら)さん

発達障害への偏見を無くそうと、執筆や啓発イベントを行うプロボクサー

緑川 愛(あいら)さん

神奈川渥美ジム(川崎区)所属 36歳

4月3日号

岡野 敏明さん

川崎市医師会の会長で、ダイヤモンド・プリンセスでの医療チームに参加した

岡野 敏明さん

多摩区在住 60歳

3月27日号

大久保 謙二さん

京急川崎駅駅長を務める

大久保 謙二さん

横須賀市在住 57歳

3月20日号

瀧村 治雄さん

川崎市全町内会連合会会長に就任した

瀧村 治雄さん

高津区在住 82歳

3月13日号

山田 益男さん

幸区文化協会会長として活躍する

山田 益男さん

幸区幸町在住 64歳

3月6日号

岩 篤志(いわ あつし)さん

小学校や自身のコミュニティカフェで「食」を通したまちづくり活動を行う

岩 篤志(いわ あつし)さん

幸区堀川町在勤 36歳

2月28日号

川崎市川崎区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月13日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 9月29日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク