さがみはら中央区版 掲載号:2011年10月27日号
  • googleplus
  • LINE

22日に開催された「ふちのべハロウィンフェスタ」の地図を製作した、桜美林大学3年生 正和 望さん 淵野辺在住 20歳

「作品は子ども」親心たっぷり

 ○…「ふちのべハロウィンフェスタ」のメーンイベント、スタンプラリーに欠かせない淵野辺周辺の地図作りを、わずか6日間で完成させた。依頼されたときは、上手く形になるか不安はあった。時には睡眠時間を削り、一日12時間パソコンに張りついて作業した日も。「自分のデザインをかわいいって思ってもらえれば嬉しいですね」。完成したばかりの作品を前に、満足そうに微笑む。

 ○…海と山が一緒に見える、富山県は高岡市の出身。幼少時代は少し内気で、お絵かきが大好きな女の子だった。自分でオリジナルのキャラクターを作ることもあり、いつしか絵本作家を将来の夢として描き始めるように。高校卒業後、現在は桜美林大学造形デザイン専修に進学し、広告表現を勉強中。「広告は伝えたいことが明確。デザインの勉強になります」。絵本とは違った表現方法にも、貪欲に取り組んでいる。

 ○…淵野辺のカフェで早朝のアルバイトをしている。お客さんの大学教授と仲良くなったり、高校生に進路のアドバイスをしたり。「人見知りだけど、勇気を出して話しかけています」。”いってらっしゃい”と送り出すことが日課だ。町のあちこちで、地域住民とおしゃべりに花を咲かせることもしばしば。「人と話すと世界が広がって、刺激になりますね」。日々の中にある小さな一つひとつの出来事が、表現力を磨くヒントだ。

 ○…作品を生み出す手法は、木版画がメーン。「完成までどんな風になるのか分からないところが良いです」と、こだわりを見せる。彫刻刀の勢いや絵の具の染み具合など、偶然が重なり二つと無い作品が出来る。完成したキャラクターを”この子たち”と呼ぶ姿は、親心たっぷり。最近は、新しい絵本の製作に没頭する毎日。作品という”子ども”がたくさんの人に愛される日を、心待ちにしている。
 

さがみはら中央区版の人物風土記最新6件

佐栁(さなぎ) 慶さん

4月に障害者サッカーチームを発足させるNPO法人アクティブスポーツで副理事長を務める

佐栁(さなぎ) 慶さん

3月15日号

山本 悟さん

水彩画の作品展を通じ相模原市へ寄贈を行う

山本 悟さん

3月8日号

高倉 豪さん

市立環境情報センター所長を務める傍らトライアスロン選手としても活動する

高倉 豪さん

3月1日号

平岡 亮一さん

市歌「相模原市民の歌」に合わせ、体操をベースにしたオリジナル振付を考案した

平岡 亮一さん

2月22日号

吉見 夏稀さん

今季から女子サッカーチーム・ノジマステラ神奈川相模原のキャプテンを務める

吉見 夏稀さん

2月15日号

後藤 優輝さん

「相模原市学生消防団活動認証制度」の第1号に認証された

後藤 優輝さん

2月8日号

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク