さがみはら中央区版 掲載号:2016年12月22日号 エリアトップへ

市内歴代38人目となる市民文化表彰を受賞した 長野 信一さん 南区東林間在住 70歳

掲載号:2016年12月22日号

  • LINE
  • hatena

3分間で世界中笑顔に

 ○…「腕を前から上にあげて、大きく背伸びの運動から―」。朝の6時30分、ラジオから張りのある気持ち良い声が流れると身体は自然に動いている。もう日本人に染みついた体操だ。体操指導者として長年にわたりラジオ体操の普及啓発活動を行い、市民の健康づくりに寄与したことなどが認められ、このたび市民文化表彰を受けた。昭和49年以降、38人目の受賞となる。

 ○…代々木で生まれ、明治神宮を庭のように走り回った少年は中学2年で相模原市へ。野球や柔道に励み、体育教師をめざして進学した日本体育大学で、体操に出合った。卒業後は日本レクリエーション協会に入り、全国各地でレクリエーションの指導へ。縁あって数年後、NHKのラジオ体操オーディションに合格。昭和56年から平成22年までの29年間、ラジオ、テレビの顔を務めた。

 ○…「第一」だけで3分。流して行えば気軽な体操だが、「人間の名前のつく650の筋肉のうち400を動かしている」というから奥深い。自宅近くの公園で、はたまた主張先で、1日1度を欠かさない。加えて夕方のウォーキングと身体を動かす習慣のおかげか大病もせず薬に縁のない生活を送る。「健康づくりはもちろん、外で行えば顔なじみもでき交流の機会にも。大きく言えば”街づくり”でしょうか」と笑みをこぼす。

 ○…昭和3年に発祥し90年、国民的体操の地位を確立した一方で今、「知らない子どもが多い」と危惧する。国内の小学校へ出向いて授業を行う一方、児童へ指導ができないことがないよう教員向けにも行う。世代を超えた普及活動は海を超え、ブラジル、マレーシアなどで外国人と共に身体を動かす。「言葉は通じなくともしっかり動かしてくれる。私の帰国後も自分たちだけで続けてくれているよう」と手ごたえも実感。来る2020年、母国開催となる東京五輪で「世界一斉ラジオ体操」という壮大な夢も描いている。

さがみはら中央区版の人物風土記最新6

伊藤 孝久さん

今年度、市内で唯一文部科学省からスポーツ推進委員功労者表彰を受けた

伊藤 孝久さん

緑区橋本在住 69歳

1月21日号

永野 昴(すばる)さん

日本のトッププロが集うボウリング公式戦3大会を連続優勝した

永野 昴(すばる)さん

中央区在住 36歳

1月14日号

飯塚 侑さん

1月1日付で公益社団法人相模原青年会議所(相模原JC)の新理事長に就任した

飯塚 侑さん

緑区大島在住 36歳

1月7日号

秋山 太郎さん

4人組お笑いユニット「ガーリィレコードチャンネル」として活動する

秋山 太郎さん

南区相模台出身 28歳

1月1日号

永保 固紀(もとのり)さん

2020年度市民文化表彰を受賞した

永保 固紀(もとのり)さん

水郷田名在住 77歳

12月24日号

でえぬのよすこさん(本名:米田好子)

ボランティアで培った歌唱を動画投稿サイト「ユーチューブ」で配信する

でえぬのよすこさん(本名:米田好子)

南区相模大野在住 79歳

12月17日号

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 新しい学習資料展

    相模原市立博物館レポvol.21

    新しい学習資料展

    民俗担当学芸員 山本菜摘

    1月14日号

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク