さがみはら中央区版 掲載号:2017年2月23日号
  • googleplus
  • LINE

大野北中学校出身で、今季からサッカーJ2のFC町田ゼルビアに加入した 大田 隼輔さん 町田市在住 22歳

淵野辺が生んだ「シンジ」

 ○…中学の時から描いていた夢を叶え、サッカー選手としての「原点の地」に帰ってきた。「複数のクラブの練習に参加しましたが、一番熱心に誘って頂けたので加入を決めました。なにより、プロとして地元に帰って来られたことが嬉しい」。登録ポジションはDF。「常に全力」が持ち味で大学時代は右サイドバックとして活躍した。新天地でも豊富な運動量を生かし、チームを縁の下で支えることが期待される。

 ○…実家は淵野辺。幼稚園併設のクラブで自然とボールを蹴り始めた。町田市内のクラブチームを経て、名門・桐光学園高校へ進学。高校3年時には全国4強に進出し、大会優秀選手に選出された。卒業後、さらなる成長を求め関西の強豪・立命館大学へ進むと、4年時には160人いる部のキャプテンを務めた。「自主性が重んじられる部の中でキャプテンを務め、人間的にも成長できた」。クラブは獲得に際し、その実直な人間性も高く評価した。

 ○サッカー日本代表の香川真司選手に似ていることから、あだ名は「シンジ」。最初は似ているか疑問だったが、「今は『シンジ』と呼ばれれば振り向きます」と笑みを見せる。今回、大学時代を過ごした京都を離れ、プロサッカー選手として帰郷し、多くの人から祝福を受けた。中でも一番喜んでくれたのは、淵野辺駅北口に店舗を構える飲食店の主人。息子は同級生で、昔から馴染みの店だ。「おかえり、頑張れよ」。そんな声が背中を押してくれる。

 ○…開幕戦は26日。4日後に迫った。「選手として、1試合でも多く出たい」。プロとしての自覚も芽生えつつあり、「子どもの頃、中澤佑二選手(現・横浜F・マリノス)と交流する機会があり、その優しさや勇ましい姿に憧れた。自分が子ども達の憧れとなれるよう、彼らと積極的に交流していきたい」と語る。「憧れは大田選手」。そんな言葉を夢見て、故郷で新たな挑戦が始まる。

さがみはら中央区版の人物風土記最新6件

浅沼 一也さん

進行性の難病・ALS(筋萎縮性側索硬化症)発症後、子どもへの支援活動を行う

浅沼 一也さん

6月7日号

武野(むの) 脩(おさむ)さん

「60周年記念 二科神奈川支部展」の公募展で横浜市長賞を受賞した

武野(むの) 脩(おさむ)さん

5月31日号

中山 陸さん

サッカーJ2リーグ・ヴァンフォーレ甲府に来季から入団することが決定した

中山 陸さん

5月24日号

伊倉 良太さん

このほど、ノジマ相模原ライズの新主将に就任した

伊倉 良太さん

5月17日号

長谷川 明さん

相模原商工会議所青年部の第25代会長に就任した

長谷川 明さん

5月10日号

中臺(なかだい) 博さん

こども食堂などに余剰食材を提供する団体「フードコミュニティ」の代表を務める

中臺(なかだい) 博さん

5月3日号

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月7日号

お問い合わせ

外部リンク