さがみはら中央区版 掲載号:2017年5月11日号
  • googleplus
  • LINE

創立40周年を迎える相模原中央ライオンズクラブの会長を務める 中村 衛さん 上溝在住 79歳

「出会い」が支えた奉仕の道

 ○…「立場は違えど、人々への愛をみんなで共有しているから今まで続けてこられた」。活動の節目で撮りため、少し色あせた写真をめくりながら、歩んだ「奉仕の道」を振り返る。設立初年度から会員として加わり、会長は2度目の就任。記念の年をリーダーとして迎え、5月末には周年の式典も開催する予定。「活動を支えてくださった多くの人々に感謝を伝え、この先50年、100年と続く会へと繋げていきたい」

 ○…実家は上溝の農家。高校卒業後は家業を継ぐことを考えていたが、パチンコ店経営の誘いを受け、友人と起業。その後独立を果たし、時を同じくして同クラブから誘いを受けた。奉仕活動への興味と人との出会いに惹かれたことが加入の動機。桜の植樹などに取組みながら「呼ばれたら必ず行く」フットワークの軽さで他クラブとも積極的に交流した。多くの人々と出会う中で、別の地域活動への誘いを受けることも。気付けば片手で収まらない数の団体で活動していた。「好奇心が強いからね、人と出会うのが好きなんだよ」と微笑む。どの団体でも長年にわたり活動を続け、職場の事務所は活動を称えた表彰状で埋め尽くされている。

 ○…「休肝日は作らない」と豪快なルールを持つほど、大のお酒好き。昔は体のことを心配していた夫人も「今ではあきれているよ」と笑って見せる。若い世代と酒場へ繰り出すことも多く「普段は言いにくいことも、お酒を介せばお互い言い合える」。人との出会い、関係性を大事にする姿勢は昔から変わらない。

 ○…今年80歳を迎える中、後進の指導に重点を置く。後輩に一番伝えたいのは「継続すること」の尊さ。20年続けている骨髄バンクの登録活動ではこれまでに590人の新規登録を達成している。「限られた人員の中でも、地道に継続していけば大きな力になる」。40年前に芽生えた新たな「奉仕の道」は、こうして未来へと繋がっていくだろう。

さがみはら中央区版の人物風土記最新6件

平岡 亮一さん

市歌「相模原市民の歌」に合わせ、体操をベースにしたオリジナル振付を考案した

平岡 亮一さん

2月22日号

吉見 夏稀さん

今季から女子サッカーチーム・ノジマステラ神奈川相模原のキャプテンを務める

吉見 夏稀さん

2月15日号

後藤 優輝さん

「相模原市学生消防団活動認証制度」の第1号に認証された

後藤 優輝さん

2月8日号

西ヶ谷 隆之さん

地元サッカークラブ・SC相模原の監督に就任した

西ヶ谷 隆之さん

2月1日号

牧野 鉄平さん

川崎グリーンライズ相模原の主将を務め、「日本中学生アメリカンフットボール選手権」で日本一に輝いた

牧野 鉄平さん

1月25日号

郭(かく) 智博(ともひろ)さん

現在上映中のオール相模原ロケ映画「ホペイロの憂鬱」で森陽介役を演じる 

郭(かく) 智博(ともひろ)さん

1月18日号

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月22日号

お問い合わせ

外部リンク