さがみはら中央区版 掲載号:2018年8月16日号 エリアトップへ

小惑星リュウグウに到着した探査機「はやぶさ2」のイオンエンジン開発に携わる 細田 聡史さん 淵野辺在住 45歳

掲載号:2018年8月16日号

  • LINE
  • hatena

技術尽くし宇宙に挑む

 ○…「喜び半分。安堵半分。何カ月も日の丸を背負った気分だった」。それが「はやぶさ2」がリュウグウに到着したときの素直な気持ちだ。何年もかけ改良したイオンエンジンに「はやぶさ2」の命運が懸かっていた。改良の段階で幾多の失敗を乗り越え万全の状態で送り出したが、成功しなければ相模原を出るぐらいの覚悟が必要だった。

 ○…高校生の頃、アニメで見たロケットに釘付けになり、銀河系の中心にまで届くロケット開発に人生を捧げる決意をした。卒業後は東海大学航空宇宙学科に進学。1年生で訪れたJAXAの特別公開でイオンエンジンに出合う。「まさに作りたかったもの」。そこで火が付き勉強漬けの毎日を送った。4年生では単身JAXAへ。一流のスタッフたちの中で研究に明け暮れた。その後九州での就職を経て2006年にJAXAへ入職。以来、宇宙の解明にはイオンエンジンが必須だと信じ、可能性を追い続けている。

 ○…忙しい日々を癒すのは2人の子どもとの時間。特に子どもたちが早起きして作ってくれた弁当は忘れられない。いつもの卵焼きが格別のごちそうになった。仲間と飲むお酒も息抜きのひとつ。淵野辺駅前の商店街がお気に入りで、研究仲間と訪れては宇宙への熱い気持ちを語り合っている。

 ○…喜びもつかの間、現在もイオンエンジンの開発は継続中。性能を上げようとすると新たな課題も出るが、根気強く進化をめざす。自身の経験を踏まえ、子どもたちには「やりたいことには挑戦すること。たくさん失敗し、成長してほしい」と未来への期待を込めてエールを送る。無事到着した「はやぶさ2」だが、最後には帰還するという任務も残り、それにもまたイオンエンジンが要となる。宇宙への挑戦に終わりはない。

さがみはら中央区版の人物風土記最新6

関口 晃嗣(こうじ)さん

相模原市消防局南消防署長を務める

関口 晃嗣(こうじ)さん

田名在住 59歳

10月15日号

木口 真治さん

神奈川県 県央地域県政総合センターの所長に就任した

木口 真治さん

相模原市出身 56歳

10月8日号

萩原 真澄さん

神奈川県畳工業協同組合相模原支部の支部長についた

萩原 真澄さん

高根在住 57歳

10月1日号

茅 明夫さん

先ごろ発足した「JAXA宇宙科学研究所と夢を創る会」の発起人代表を務める

茅 明夫さん

淵野辺在住 70歳

9月24日号

清水 謙二さん

今月、設立30周年目に入った「相模原市ゴルフ協会」の会長を務める

清水 謙二さん

上溝在住 79歳

9月17日号

奥田 玲生(たまみ)さん

先ごろ、ビリヤードの最年少プロとして活動を始めた

奥田 玲生(たまみ)さん

相模原在住 18歳

9月10日号

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 10月1日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 64年前の標本が問いかけること

    相模原市立博物館レポvol.19

    64年前の標本が問いかけること

    生物担当学芸員 秋山幸也

    10月15日号

  • 実物の迫力

    相模原市立博物館レポvol.18 企画展-「無量光寺文書・山崎弁栄遺墨展」から-

    実物の迫力

    学芸員 長澤有史学芸員 長澤有史

    10月8日号

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月15日号

お問い合わせ

外部リンク