さがみはら中央区版 掲載号:2018年9月27日号 エリアトップへ

ブラジル女子バレー 強豪来相 充実の調整 商店街訪問など交流も

スポーツ

掲載号:2018年9月27日号

  • LINE
  • hatena
(上)歓迎を受ける選手たち・特産品の寄贈(下)振袖や琴の体験・笑顔を見せるエースのギマラエス選手
(上)歓迎を受ける選手たち・特産品の寄贈(下)振袖や琴の体験・笑顔を見せるエースのギマラエス選手

 全国6都市で9月29日から始まる女子バレーボール世界選手権出場に向け、ブラジル女子バレーボール選手団が26日まで相模原市で事前キャンプを行った。同キャンプは2020年東京五輪を見据えたテストキャンプとして実施されたもので、8月のパンパシフィック水泳前の実施に次ぎ2例目。選手は練習の合間に商店街を訪問するなど市民とも交流。強豪の登場に注目度も高く、公開練習も多くの観客で溢れた。

 ブラジル女子バレー選手団はロンドン、北京五輪で連続金メダルを獲得した強豪。エースのガブリエラ・ギマラエス選手などのトップレベルの選手が顔をそろえ、前回銅メダルで終わった世界バレーで今回は悲願の金獲得へ意欲を燃やす。

 到着翌日の21日には、練習を前に歓迎セレモニーを実施。市バレーボール協会所属の子どもたちが拍手で出迎えると、選手たちは皆笑顔になり、関係者からは特産の豚肉、果物などが寄贈された。

 公開練習初日となった22日には100人を超す市民が会場の総合体育館に来場。選手たちは熱のこもったプレーを披露し、ギマラエス選手も力強いスパイクを左右に打ち分けるなど充実した調整ぶりを見せた。実戦形式の練習では白熱した様子を目の当たりにした市民から感嘆の声が上がった。選手たちは翌23日に南区相模大野の京懐石「りほう」を訪問。昼食後、駅付近の商店街を散策し市民との交流を図るなど余暇を楽しむ姿も見られた。

 選手と交流した緑区の大沢小5年の小山結花(ゆか)さん(10)は「みんな背が高くてすごかった。良い所をまねしていきたい」と話す。ギマラエス選手は本紙の取材に対し、「練習環境、そして皆さんの温かい対応があって力を発揮できました」と市民、関係者に感謝を述べるとともに、相模原の子どもたちに向けて「自分を信じて、あきらめずに夢に向かって頑張ってほしい」とメッセージを送った。

さがみはら中央区版のトップニュース最新6

田名に大型物流施設

田名に大型物流施設 経済

来年8月完成 公共利用も

2月20日号

過去最大の3072億円

2020年度当初予算案

過去最大の3072億円 経済

5年連続増 台風関連重点

2月20日号

「アンコン」で市内初の金

共和中合唱部

「アンコン」で市内初の金 教育

関東への切符つかむ

2月13日号

団地×女子大=地域活性

団地×女子大=地域活性 文化

公社と相模女子大が協定

2月13日号

区内から2社認定

神奈川なでしこブランド

区内から2社認定 社会

細かな需要への対応評価

2月6日号

蛍保護団体へ市が指定

阿津川

蛍保護団体へ市が指定 社会

5カ所目 「観光の目玉に」

2月6日号

「原爆」作品、米大学に収蔵

写真家江成常夫さん

「原爆」作品、米大学に収蔵 文化

日本人初 「核廃絶で意義」

1月30日号

あっとほーむデスク

  • 2月20日0:00更新 スポーツ

  • 2月13日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク