さがみはら中央区版 掲載号:2020年11月12日号 エリアトップへ

戦車闘争映画 市内で公開 相模原が発端 周知に期待

社会

掲載号:2020年11月12日号

  • LINE
  • hatena
(上)横浜ノースドッグ手前で停められた戦車(左下)西門付近で機動隊による阻止線に守られて行われた強行搬出(右下)横浜・村雨橋付近で取材する小池プロデューサー
(上)横浜ノースドッグ手前で停められた戦車(左下)西門付近で機動隊による阻止線に守られて行われた強行搬出(右下)横浜・村雨橋付近で取材する小池プロデューサー

 ベトナムの戦場へ向かう米軍戦車を一般市民が阻止した事件を機に相模原・横浜で展開された、いわゆる戦車闘争を題材とする初のドキュメンタリー映画「戦車闘争」がこのほど完成し、12月の東京公開に先立ち、11月28日に市内で上映されることが決まった。制作側は映画を通じ、戦時下に市民らが戦車を止めるといった、世界でも例のない大規模運動の核心に迫るとともに、相模原で繰り広げられたことへの認知度を高めたい考えだ。

 戦車闘争とは、ベトナム戦争の終盤を迎えていた1972年に相模総合補給廠内で修理された米軍戦車がベトナムの戦地へ輸送されるのを報道で知った市民や議員が座り込みを敢行し、その後も搬出を阻止するための闘争へと発展した市民運動。補給廠前では学生運動のグループや革新系の団体などがテントを張って占拠するなど西門付近は物々しい空気に包まれ、座り込みによる抗議行動とその当事者を排除する機動隊とのぶつかり合いが続くなど一連の闘争はおよそ100日間に及ぶものとなった。

 映画制作をめぐっては、市内在住の映画プロデューサーである小池和洋さんが当時を知る抗議活動参加者や機動隊員、地元商店主、議員、学識経験者らに取材。いまだ作品化されていない題材だったため、取材で得られた証言に終始せず、膨大な資料を元にさまざまな角度から闘争をとらえた。資料映像も盛り込み、104分の白熱のドキュメンタリー映画となっている。ナレーターは、自身も戦車闘争に影響を受け、「相模原」を歌詞に引用した経緯があるミュージシャンの泉谷しげるさんが務めた。

 小池さんは取材活動を振り返り、大規模運動へと拡大した背景を、反戦や反米感情を持つ者だけにとどまならない、「誰もが運動に参加できる空気」が当時存在していたと推測。併せて「一種のイベントに近いものだったのではないか」と言及する。市内での先行公開については、「私たちには声を上げる力があり、そして、一人ひとりにできることがある。私にはそれが映画を作ることだった。この映画を通じ戦車闘争を知ってもらうとともに、いま一度、自分自身に何ができるのかを考える機会にしてもらえれば」と話し、公開への期待感をにじませた。

20組40人を試写に招待

 映画「戦車闘争」の先行試写会が11月28日(土)、産業会館(中央3の12の1)で行われる。午後2時開映。本紙では20組40人を試写会に招待する。

 希望者は住所、氏名、年齢、職業、「戦車闘争にひと言」を明記の上、メール(s-chuo@townnews.co.jp)または郵送(〒252-0239相模原市中央区中央2の6の4映画招待係)で応募を。締め切りは11月20日(金)(必着)。上映後はトークイベントが予定されている。
 

さがみはら中央区版のトップニュース最新6

外出自粛「強く要請」

緊急事態宣言市対応

外出自粛「強く要請」 社会

公民館など134施設休止

1月14日号

最後のTLに挑む

三菱重工相模原

最後のTLに挑む スポーツ

初戦はアウェー、クボタ戦

1月14日号

コロナ禍の「新しい成人式」

コロナ禍の「新しい成人式」 文化

分散開催 生中継も

1月7日号

「安全安心の五輪やりきる」

新春知事インタビュー

「安全安心の五輪やりきる」 政治

感染防止へマスク会食も訴え

1月7日号

チーム全員で「完全優勝」へ

青山学院大学

チーム全員で「完全優勝」へ スポーツ

箱根駅伝で絆つなぐ

1月1日号

新時代  生活基盤を最優先

新時代 生活基盤を最優先 社会

本村市長 市政を語る

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月14日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク