さがみはら中央区版 掲載号:2021年1月14日号 エリアトップへ

日本のトッププロが集うボウリング公式戦3大会を連続優勝した 永野 昴(すばる)さん 中央区在住 36歳

掲載号:2021年1月14日号

  • LINE
  • hatena

「前人未到」を家族へ贈る

 ○…当時最年少の16歳、トップの成績でプロテストに合格したにもかかわらず、足を踏み入れたプロの道は険しかった。各大会で好成績を残すものの、公式戦での優勝は遠く、苦しんだ時期もあったが、「頑張っていればいつか報われる」と信じていた。そうして努力を続け、30代半ばにして成し遂げた前人未到の3連覇。日本のボウリング界に輝かしい記録を打ち立てた。

 ○…埼玉県出身。9人兄弟の末っ子で、目一杯かわいがられて育った。11歳の頃に姉に連れられ、初めてボウリング場に。これまで没頭する趣味もなくスポーツにも興味が薄かったが、ピンを跳ね飛ばす爽快感にすぐに夢中になった。それからはマイボールを持って県外のボウリング場にまで足を延ばし、腕を磨いた。中学卒業を機にプロボウラーに。戦いの世界に身を置き続けた。

 ○…30歳の頃、同じ職場で働く女性と結婚。2児の父となった。休日はもっぱら子どもの遊び相手。ままごとに付き合ったり、秘密基地を作ってあげたり、アクティブに過ごしている。溺愛する娘がボウリングに興味を示していても、「大変さが身に染みているのでプロの道は無理には勧めないかな」と苦笑する。

 ○…新型コロナ感染症の拡大により、ボウリング場は休業。満足する練習ができなかったが、ようやく開催された大会に全力で臨めたのは、19年間で築き上げた確かな実力による。気持ちの上では家族の存在も大きく、守るものができ、勝ちたいと更に強く思うようになった。めざすは賞金・アベレージ・ポイントの全部門1位。コロナ禍で今年も大会が開催されるか不明な中でも、目標を見据え前を向く。「1球1球気持ちを込めて投げるだけ。応援してくれる人へ勝利を届けたい」

未来へつなぐ、家づくり

相模原で30年。お客様の暮らしに寄り添った住宅をお届けします。

http://www.thirty-four.co.jp

相模原市から大切なおしらせ

市民税非課税世帯等に臨時特別給付金を支給しています

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/fukushi/1024533.html

<PR>

さがみはら中央区版の人物風土記最新6

北島 寿(ひさ)子さん

50年続き、一度は閉鎖したバレエスクールを再開させた

北島 寿(ひさ)子さん

南区相模台在住 82歳

6月30日号

根岸 利昌さん

上溝のにぎわいや魅力創出を目的に発足した「上溝みらい創生委員会」の委員長を務める

根岸 利昌さん

上溝在住 75歳

6月23日号

高橋 竹音(ちくね)さん

メイプルホールで7月3日にCD「津軽三味線」の発売記念公演を行う

高橋 竹音(ちくね)さん

相模原市在住

6月16日号

森光 雄一郎さん

にこにこ星ふちのべ商店会の会長に5月26日に就任した

森光 雄一郎さん

淵野辺在住 51歳

6月9日号

渡辺 加代子さん

神奈川県看護協会相模原支部の支部長を務める

渡辺 加代子さん

渕野辺総合病院勤務 67歳

6月2日号

南 篤史さん

相模原市青年工業経営研究会(青工研)の2022年度会長を務める

南 篤史さん

小山在住 41歳

5月26日号

あっとほーむデスク

  • 6月30日0:00更新

  • 6月23日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook