さがみはら中央区版 掲載号:2021年5月7日号 エリアトップへ

相模原市4月補正予算 ワクチン接種軸に編成 総額22億8400万円

政治

掲載号:2021年5月7日号

  • LINE
  • hatena

 相模原市は新型コロナウイルス感染症にかかわる予防対策事業やワクチン接種事業、経済対策事業などに要する経費として、総額22億8400万円の2021年度4月補正予算案を市議会に提出し、4月22日・23日の臨時会議で可決された。

接種体制の充実

 今回の補正で軸となるのは「新型コロナウイルスワクチン接種事業」で、予算は6億7458万5000円。

 5月16日(日)から始まる集団接種については、3月に行った運営訓練の検証結果を踏まえ、会場に配置する案内係や受付などを増員し、さらなる接種体制の充実を図る。また、市内の各会場に薬剤師を配置する。

 6月以降を予定する個別接種については、月に一定数以上のワクチン接種を行った医療機関に対し、月額15万円の協力金を支給。自宅や高齢者施設などへ訪問接種を行う医師には、1訪問あたり8880円の協力金を支給するとしている。

消費喚起策も

 経済対策には4億8461万7000円の予算が盛り込まれた。ポストコロナに向けた経済対策として、「新しい生活様式」に対応するための設備工事や備品購入、非接触化につながるデジタルトランスフォーメーション化に向けた取り組みを支援していく。

 消費喚起策としては、市内の店舗などで1万円以上を消費した市民に対して2000円を還元する「キャッシュバックキャンペーン」も行う。仕組みとしては昨年実施された「39キャッシュバックキャンペーン」に倣うもので、主管する産業支援課では「具体的な時期は未定だが、夏以降の実施をめざす」としている。

 そのほか、市立施設での児童館、児童クラブ、こどもセンター、保育所などの手洗い場の一部を自動水栓化する事業に1244万4000円、妊婦への特別給付金として7900万円などが計上されている。

さがみはら中央区版のトップニュース最新6

広がる「SDGs」の輪

相模原市

広がる「SDGs」の輪 社会

パートナーは279者に

6月10日号

新監督に高木琢也氏

SC相模原

新監督に高木琢也氏 スポーツ

「J2残留が目標」

6月10日号

レガシー創出への第一歩

ツアー・オブ・ジャパン

レガシー創出への第一歩 スポーツ

観戦自粛もトップが熱戦

6月3日号

ラポール千寿閣が閉館

ラポール千寿閣が閉館 社会

コロナ禍で業績悪化

6月3日号

「景観形成重点地区」に指定

市役所前さくら通り

「景観形成重点地区」に指定 社会

来街者が集う憩いの場へ

5月27日号

新「マンホール」「体操」で口火

はやぶさの日催事週間

新「マンホール」「体操」で口火 社会

6月5日 淵野辺で披露会

5月27日号

あっとほーむデスク

  • 6月10日0:00更新

  • 6月3日0:00更新

  • 5月27日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter