さがみはら中央区版 掲載号:2022年6月30日号 エリアトップへ

50年続き、一度は閉鎖したバレエスクールを再開させた 北島 寿(ひさ)子さん 南区相模台在住 82歳

掲載号:2022年6月30日号

  • LINE
  • hatena

次代へ受け継ぐ 歴史も情熱も

 ○…およそ50年続け、一度は閉鎖したバレエスクールが今年5月、現役トップダンサーカップルが引継ぎ、復活した。モンゴルで出会い、息子のように接し、母のように慕われてきたダンサーからの申し出。嬉しくないわけがない。「自分がやるわけではないのに、一生懸命宣伝していますよ」と、まさに母のような笑顔を浮かべた。教室の歴史、踊りへの情熱は親子の愛情のように次世代へ引き継がれていく。

 ○…佐渡島の生まれ。終戦直後にもかかわらず、小学校教師だった母がバレエ教室に通わせてくれた。できないことができるようになる喜びに少女は夢中になり、上京を決意。「父は、明日東京へ発つという日まで反対していました」と振り返る。東勇作氏に師事し、本格的に始めたクラシックバレエ。東京のレベルの高さに必死に食らいついたが、不慮の事故で「今でも痛い」という足の怪我や結婚、出産などもあり、一時期バレエから距離を置いた。

 ○…小児喘息の娘のため、都内から国立病院のある相模原へ。落ち着いた頃、再び東氏の門を叩いた。「すっかり元に戻ってしまっていた」技術を必死で取り戻し、今度は教える側に回った。レッスン場は団地の集会場からスタートし、後に自宅に併設したスタジオへ。小松原庸子氏との縁でフラメンコにも傾倒。フラメンコは今でも指導にあたる。

 ○…2019年には娘、孫娘と3代で舞台で共演した。4時間半の舞台も「あっという間だった」と懐かしそうに破顔する。踊りに情熱を傾け続けた人生。「良い指導者たちとの出会いが私の財産。とても勉強になった」と感謝する。今でも「『これで大丈夫』と思わず勉強することが大切」と向上心は衰えを知らない。

さがみはら中央区版の人物風土記最新6

阿部 徳子さん

神奈川県看護協会の相模原支部長に就任した

阿部 徳子さん

田名在住

8月11日号

笹本 睦(まこと)さん

レスリング男子グレコローマンスタイル全日本チームのヘッドコーチを務める

笹本 睦(まこと)さん

矢部在住 44歳

8月4日号

井上 弘久さん

独演と演奏『朗読演劇の夕べ』を8月6日にメイプルホールで上演する

井上 弘久さん

千代田在住 69歳

7月28日号

樋川 芳雄さん

公益財団法人神奈川県スポーツ協会の副会長に就任した

樋川 芳雄さん

陽光台在住 74歳

7月21日号

原 由子(ゆうこ)さん

星が丘公民館で毎年行われている「メダカ飼育教室」の講師を務める

原 由子(ゆうこ)さん

千代田在住 74歳

7月14日号

吉野 賢治さん

公益社団法人相模原市観光協会の代表理事に5月24日付で就任した

吉野 賢治さん

緑区中野在住 78歳

7月7日号

出張サポート窓口開催中

マイナンバーカードの申請出張サポート窓口を市内の商業施設などで開催しています

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/tetsuzuki/1024432.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

  • 県政の課題を問う

    県政報告Vol.55

    県政の課題を問う

    自民党県議会議員 河本(かわもと)文雄(ふみお)

    8月4日号

あっとほーむデスク

  • 8月11日0:00更新

  • 8月4日0:00更新

  • 7月28日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook