神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

公益社団法人 神奈川県歯科医師会の第23代会長を務める 守屋 義雄さん 横浜市在住 65歳

公開:2023年12月7日

  • X
  • LINE
  • hatena

口からの健康寿命延伸に寄与

 ○…歯科医療を通じ、県民の健康寿命延伸に寄与することを主な役割とする、神奈川県歯科医師会約4000人の会員を束ねる。活動の軸は▼安全・安心で質の高い歯科医療の提供▼地域保健・医療・福祉の向上――。超高齢社会において口腔機能が衰える「オーラルフレイル」の予防が喫緊の課題だ。「全身の健康には、歯と口の健康が重要。噛めるようになることで、認知症の進行を緩め、生活の質を保てる。健診の重要性を啓発し、医科歯科連携にも力を入れたい」と意気込む。

 ○…横浜市港北区日吉に生まれる。家業は兄が継いだため、ならば手先の器用さを活かせる仕事を、と歯科医師を目指すことに。日大歯学部を卒業し、大学院ではクラウン・ブリッジ(歯冠・架橋義歯補綴)を研究。積極的に英語を学び、アメリカでの実習に役立てた。一方で、高校時代からテニスにも熱中し、ダブルスで関東医科歯科リーグ3位に輝いたことも。「先輩、後輩の繋がりは今でも。礼儀も学んだ」と振り返る。

 ○…大学院を修了した年、28歳で自身の医院を開業。以降、地域のかかりつけ医として数多くの患者の健康を診てきた。周りがまだ導入していない開業当初から「インプラント」を取り入れており、「自分の歯のメンテナンスに力を入れる人が増えた今、健康寿命を延ばすための選択肢も増えている」と解説する。

 ○…県歯科医師会には学術委員から始まり26年間在籍している。「志が同じ仲間との繋がり、交流が何よりの財産」と誇る。一緒に働く長男は、学会等での自身の留守を任せられる存在に。「歯科医になれ、とは一言も言わなかったけど、面白さは伝えたかな」。長女も「人の役に立てる」美容外科医になり、そんな2人の姿に目を細める。

さがみはら中央区版の人物風土記最新6

加瀨 ちひろさん

2月25日の「さがみはら生物多様性シンポジウム」で基調講演を行う

加瀨 ちひろさん

緑区在住 39歳

2月22日

柏木 眞子(なおこ)さん

2023年度文部科学大臣表彰生涯スポーツ功労者表彰を受賞した

柏木 眞子(なおこ)さん

上溝在住 78歳

2月15日

金野 龍篤(こんの りゅうと)さん

2月12日に相模原メイプルホールでコンサートを開催するプロサックス奏者の

金野 龍篤(こんの りゅうと)さん

相模原市在住 27歳

2月8日

杉山 節生さん

文部科学大臣表彰を受賞した相模原市スケート協会の会長を務める

杉山 節生さん

町田市在住 79歳

2月1日

鈴々舎 美馬(れいれいしゃ みーま)さん(本名:小林 千華)

1月13日に相模女子大グリーンホールで「二ツ目昇進落語会」を開催した

鈴々舎 美馬(れいれいしゃ みーま)さん(本名:小林 千華)

南区在住 30歳

1月18日

稲垣 亜子さん

「相模原市はたちのつどい」中央区実行委員長を務める

稲垣 亜子さん

中央在住 20歳

1月4日

意見広告・議会報告政治の村

  • 県政の課題を問う

    県政報告Vol.65

    県政の課題を問う

    自民党県議会議員 河本 文雄(かわもと ふみお)

    2月22日

あっとほーむデスク

  • 4月6日0:00更新

  • 3月30日0:00更新

  • 3月23日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook