さがみはら南区版 掲載号:2014年8月21日号 エリアトップへ

祭りなくなり6年 「再び賑わいを」 小田急相模原 秋に新イベント 地元有志が立ち上げ 駅北口周辺

文化

掲載号:2014年8月21日号

  • LINE
  • hatena

 小田急相模原駅周辺で10月4日、5日(土日)の2日間、「おださがロードフェスタ」と銘打った新しいイベントが開催されることがわかった。小田急相模原=オダサガの祭りとして地域住民に長く親しまれていたサウザンロードの”相模台夏祭り”が6年前から行われなくなったことを受け、「地域一体となって盛り上がれる新たなお祭りを」と地元の有志らで実行委員会が組織され、開催の運びとなった。

10月4日、5日に開催

 実行委員会の中心メンバーである地元企業「三光ホーム」(南区南台)のスタッフは、以前より顧客や地域の子どもたちから、「オダサガにも街全体のお祭りがあったら」という『祭りの復活』を望む声を耳にしていた。そこで同じく地元企業である「湘興(しょうこう)ハウジング」(南台)の鈴木博雄会長、「三光ホーム」の古定(こてい)勝次会長、市議会議員の溝渕誠之(みぞふちせいし)氏を中心として、両社のスタッフや近隣事業者など有志が集まり実行委員会を今年5月に結成。開催日程から会場、企画内容に至るまで、これまでに7回の会議が開かれ、着々と内容が固められてきた。

メインは「仮装」

 様々な催しが目白押しの2日間の中で、メインイベントとなるのが「仮装アワード」。(事前に)来場者に仮装を呼びかけて、祭り当日にコンテストを行い、来場者の投票でグランプリをはじめ、いくつかの賞を決定するというもの。また、駅北口の商業施設、ペアナードオダサガ2階の広場にはステージが設営され、相模原ご当地アイドル「つぶつぶ★doll」をはじめ、地元のダンス、踊り、音楽団体らがパフォーマンスを繰り広げる。そのほか、相模原市や周辺地域を代表する「ゆるキャラ」たちやポニーも登場(予定)。祭りの賑わいに拍車をかける。

「いずれは街全体で」

 今回会場となるのは、小田急相模原駅北口の施設、ラクアル・オダサガ、ペアナードオダサガとその周辺の通りなど。主催の実行委員会では、「今年は駅前周辺のみでの開催となるが、次年度からはサウザンロードも含めた街全体のお祭りにしていければ」と期待を込める。

再開発事業で小田急相模原の街並みは大きく変わった。2007年誕生のラクアル・オダサガ(左)と、昨年誕生のペアナードオダサガ(右)
再開発事業で小田急相模原の街並みは大きく変わった。2007年誕生のラクアル・オダサガ(左)と、昨年誕生のペアナードオダサガ(右)

住まいの大相談会

5/18・19 相模大野ステーションスクエア3Fアトリウム広場

https://www.odakyu-chukai.com/branch/sagamiono/

<PR>

さがみはら南区版のトップニュース最新6

おしゃれでシニアを応援

おしゃれでシニアを応援 社会

高齢者施設でショー開催

2月27日号

「鯉のぼり」今年行わず終幕

「鯉のぼり」今年行わず終幕 文化

担い手不足など運営困難

2月27日号

学習の成果 ボーノで発表

谷口台小

学習の成果 ボーノで発表 教育

1日限定「蚕の博物館」

2月20日号

過去最大の3072億円

2020年度当初予算案

過去最大の3072億円 経済

5年連続増 台風関連重点

2月20日号

交通事故が急増中

南署管内

交通事故が急増中 社会

高齢者、自転車は県内最多

2月13日号

団地×女子大=地域活性

団地×女子大=地域活性 社会

公社と相模女子大が協定

2月13日号

「史上最高」を目指して

ノジマステラ神奈川相模原

「史上最高」を目指して スポーツ

2020新体制発表

2月6日号

あっとほーむデスク

  • 2月20日0:00更新

  • 2月13日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月27日号

お問い合わせ

外部リンク