さがみはら南区版 掲載号:2022年4月7日号 エリアトップへ

3月22日付で相模原南警察署の第35代警察署長に就任した 重岡 康二(こうじ)さん 相模大野在住 53歳

掲載号:2022年4月7日号

  • LINE
  • hatena

一致団結で安全な南区に

 ○…着任後、署員に向けた訓示では、自身も含めて各課・各係に与えられた役割を全うするように伝えた。さらに「コミュニケーションを積極的に図り、署員が一致団結した署をめざす」とメッセージを送った。署長として署員の指導や教育に力を入れたいという思いと同時に、「署の顔として前面に立って、各団体や地域の方との連携を強めていきたいですね」と意気込む。

 ○…「社会の役に立ちたい」と警察官の道へ。ここ数年は交通部門に従事してきた。心に重くのしかかるのが交通死亡事故。「普通の生活を送っている人が急にいなくなってしまう。被害者も加害者も、その家族も人生が変わる。そんな場面は無くさなければ」と神妙に語る。管内でも高齢者が被害者となる死亡事故が発生している。「交通事故は一人一人が注意すれば防げるものだということを広めたい」

 ○…相模原は若手時代、結婚して子どもが生まれるまで淵野辺の官舎で過ごした思い出の地だ。「慣れた土地なので南署着任はうれしい」。相模原署近くの桜を見に行ったり、娘が習っていたサッカーの応援に行ったりと母親の協力もありながら夫婦で二人の娘を育てた。「良いパパとまでは言えないけど、家庭を顧みずというほどでは無かったかな」と笑う。

 ○…「署の顔」として着任早々、地元サッカークラブ・ノジマステラのホーム試合で交通安全の啓発活動を実施、スタジアムの観客に向かって呼びかけるという大役を務めた。区内で発生する事故や特殊詐欺は高齢者が多く、今後も啓発のための情報発信に尽力していく構えだ。「ただ署員だけで約30万人の南区民の安全を守るのは大変なこと。そのためにも区民の方々の協力を仰ぎながら地域の安全を守りたい」

さがみはら南区版の人物風土記最新6

北島 寿(ひさ)子さん

50年続き、一度は閉鎖したバレエスクールを再開させた

北島 寿(ひさ)子さん

相模台在住 82歳

6月23日号

神藤(しんどう) 昭嘉さん

相模原市陸上競技協会の会長を務める

神藤(しんどう) 昭嘉さん

緑区相原在住 74歳

6月16日号

貝瀬 壮(たける)さん

第20回全日本新体操ユースチャンピオンシップ男子新体操個人で優勝した

貝瀬 壮(たける)さん

光明学園相模原高3年 17歳

6月2日号

石川 正典さん

130周年を記念して母校の新磯小学校に桜を寄贈した

石川 正典さん

新戸在住 56歳

5月26日号

渡辺 加代子さん

神奈川県看護協会相模原支部の支部長を務める

渡辺 加代子さん

渕野辺総合病院勤務 67歳

5月19日号

田野村 順子さん

保護司として春の褒章で藍綬褒章を受章した

田野村 順子さん

御園在住 75歳

5月12日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月7日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook