さがみはら緑区版 掲載号:2019年10月17日号 エリアトップへ

土器2点が市文化財に 大日野原遺跡から出土

文化

掲載号:2019年10月17日号

  • LINE
  • hatena
今回出土された土偶付深鉢形土器(上)と人体文深鉢形土器(下)
今回出土された土偶付深鉢形土器(上)と人体文深鉢形土器(下)

 相模原市教育委員会は、「相模原市文化財の保存及び活用に関する条例」に基づき、考古資料1件(員数2点)を9月30日付けで、「指定有形文化財」として指定した。この結果、市指定文化財は64件(市登録文化財は79件)となった。

 今回、市文化財に指定されたのは、大日野原遺跡出土の土偶付深鉢形土器と、人体文深鉢形土器。澤井にある大日野原遺跡は、関東山地南部の山間地ながら沢井川右岸の標高250〜280mにかけて約33haの広がりを持つ台地上に展開する集落遺跡。古くからこの台地の畑では、縄文時代や平安時代の遺物が多数採集されており、今回の土器も耕作中に発見されたものだ。

 土偶付深鉢形土器は屈折した底を持つキャリパー形(写真)で高さ42・2cm、底部内面には被熱による炭化物が認められる。土偶が土器の口の一端に座り込んで、常用的な調理具の内側にあたかも視線を投じるような稀有な造形で表されているのが特徴だ。

 人体文深鉢形土器は胴部中央がやや張り底部へ向かって徐々にすぼまる円筒形で高さ25・5cm、全体の約半分を欠いている。現存部のほぼ全面には、縦方向の区画文の中に両手に3本指を持つ人形様の彫塑的な造形模様が配されている。

 市文化財保護課では「両土器は、縄文文化が最盛期を迎える中で、中期縄文人の精神像が見事に表出されたものと理解され、相模原市の先史時代を代表する極めて歴史上学術上価値が高い文化財」と説明する。
 

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6

台風被災の相談会

中小企業向け

台風被災の相談会 経済

20日 津久井商工会

11月7日号

橋本で「シルバーまつり」

橋本で「シルバーまつり」 社会

11月10日 午前10時から

11月7日号

600万球、光の祭典開幕

600万球、光の祭典開幕 社会

さがみ湖イルミリオン

11月7日号

「支えあう」復興イベントに

さがみはらフェスタ

「支えあう」復興イベントに 文化

11月7日号

ウイッツ30周年 躍進誓う

ウイッツ30周年 躍進誓う 社会

柴田社長、激励受け決意

11月7日号

「台風被害の復興支援を」

「台風被害の復興支援を」 経済

11月17日 つくい湖湖上祭

11月7日号

日本の歩む道は

日本の歩む道は 教育

11月16日 杜のホールはしもと

11月7日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月7日号

お問い合わせ

外部リンク