町田版 掲載号:2012年2月9日号
  • googleplus
  • LINE

放射能問題 内部被曝を懸念 鎌仲ひとみ氏(映像作家)講演で

社会

原発の問題点、町田市民ができることなどを講演する鎌仲ひとみ氏(4日撮影)
原発の問題点、町田市民ができることなどを講演する鎌仲ひとみ氏(4日撮影)

 第12回「まちだ男女平等フェスティバル」(同実行委員会主催)が4、5日の両日、町田市民フォーラムで開催され、多くの市民が訪れた。昨年7月から実行委員会を開き、参加43団体と市民によって企画準備された。当日は、各種団体の活動報告やコンサート、講座、勉強会なども行われ、多くの来場者が学び、交流を深めた。

 今年は「東日本大震災と原発」も大きな企画の1つで、映像作家の鎌仲ひとみ氏=玉川学園在住=を講師に「いま私たちの手に未来の選択権がある〜ドキュメンタリー映画で問い続けること」も行われた。

 講演で鎌仲氏は日本のエネルギー政策について話し、原発そのものの危険性と使用済み核燃料、六ヶ所村の再処理工場の非現実的な計画、そして原発以上に危険であることを訴えた。

 「大震災前までは『反原発』は特別な人の言葉とされていたが、福島第一原発事故後、それが間違っていたことを多くの人が認識した。今は自分たちの生活を守るだけでは守れない世界になっている」と話し、イラクで取材した劣化ウラン弾の放射性物質による被害や、自身の映画作品『六ヶ所村ラプソディー』『ミツバチの羽音と地球の回転』での日本の原発政策の歪みとそれを取り巻く地元経済、そしてそれらと対峙する地元住民などを紹介した。

 また来場者の質問に対して町田市民にできることは「内部被曝に注意してほしい。劣化ウラン弾の被害も内部被曝から。食事からの放射性物質の取り込みに注意し、給食も放射性物質がゼロのものを提供してほしい」と訴えた。ほかにも情報に対する考えとして「思い込みやプロパガンダに振り回されないようにしてほしい。私の話も疑いを持って聞いてほしいし、マスコミの情報もそのまま信じず、自分で考えて欲しい」と呼びかけた。
 

こんな町田を実現させたい!

町田生れ町田育ちの38歳。河辺康太郎

https://kawabe-kotaro.jp

<PR>

町田版のトップニュース最新6件

教育の情報化を推進

町田市

教育の情報化を推進

2月15日号

乗合タクシー運行

相原地域

乗合タクシー運行

2月15日号

「厳しさと優しさ」の親方に

北太樹引退

「厳しさと優しさ」の親方に

2月8日号

大賞は最年少18歳の高専生

ビジネスプランコンテスト

大賞は最年少18歳の高専生

2月8日号

ごみについて考えよう

3R推進イベント

ごみについて考えよう

2月1日号

火災件数100下回る

町田消防署

火災件数100下回る

2月1日号

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク