町田版 掲載号:2012年8月30日号
  • googleplus
  • LINE

県立上鶴間高校のアメフト部で指導しているノジマ相模原ライズのコーチ 加藤 慎也さん 町田市在住 45歳

「諦めない選手」育てたい

 ○…淵野辺に本拠地を置くアメリカンフットボール(以下:アメフト)の社会人チーム「ノジマ相模原ライズ」のコーチ。指導者不足の声を聞き、先月から県立上鶴間高校のアメフト部での指導もスタートさせた。「高校生の吸収力はすごい」。ライズでの指導とは違う面白さがあると、若い選手に期待を寄せている。

 ○…大阪府出身。活発な少年だったが、野球もサッカーも続かず挫折。球技には苦手意識があった。しかし、高校でアメフトと出合う。「選手が体当たりで競技に挑んでいる」ことに魅力を感じ、即座に入部した。すると、投げるのも蹴るのもダメだった自分が、監督に押しの強さを認められた。「スポーツをやって初めて人に褒められた」と当時を回想する。その後、日体大を経て1989年に相模原ライズの前身であるオンワードオークスに入団。オフェンスのポジションで根性を鍛え上げ、1991年に日本一に輝く。10年間走り続けるも、膝のケガが原因で引退。以降、12年に渡り後進の指導に努めている。

 ○…高校1年の娘、中学1年の息子の父親。怒るときは100%、代わりに褒めるときは120%で褒める。子育ても選手の育成も、偏ることなく変わらぬ愛情を注いでいる。父の姿を見て育った息子は、高校からはアメフトの道に進むと決めている。同じ道を歩もうとする息子の気持ちを素直に喜びつつ、プレーを見るのが今から待ち遠しい。

 ○…「気付けばアメフトばかりの人生」。自分のことしか考えなかった選手時代と異なり、コーチの立場としてプレーを見る目も変わった。ただ、「選手には絶対に諦めない気持ちをもってほしい」と、技術面だけでなく精神面へのアドバイスも忘れない。「ナイスや!それええやん!」威勢の良い関西弁で、120%の熱い声が今日もグラウンドにこだまする。
 

こんな町田を実現させたい!

町田生れ町田育ちの38歳。河辺康太郎

https://kawabe-kotaro.jp

<PR>

町田版の人物風土記最新6件

佐藤 友義さん

造園業(株)ニワバンの創業者で、いずみ浄苑にローズガーデンを創った

佐藤 友義さん

2月15日号

杉山 大季さん

町田市で初開催のビジネスプランコンテストで大賞を受賞した

杉山 大季さん

2月8日号

酒井 美登さん

子どものころに聞いた懐かしい音を再現させているピアノ調律師の

酒井 美登さん

2月1日号

小川 洋一さん

長泉寺の副住職で町田市仏教会の会長を務める

小川 洋一さん

1月25日号

鳥尾 匠海さん

第71回全日学生音楽コンクール全国大会で1位になった

鳥尾 匠海さん

1月18日号

三沢 亮介さん

町田青年会議所の第51代理事長に就任した

三沢 亮介さん

1月11日号

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク