町田版 掲載号:2015年6月11日号 エリアトップへ

町田市認知症友の会の会長を務める 井上 美恵子さん 中町在住

掲載号:2015年6月11日号

  • LINE
  • hatena

「一人じゃ支えられないから」

 ○…認知症の本人、家族、サポーターらの交流会を2カ月ごとに開催している。自身も義父、義母の介護を務め、続いて、旦那さんも59歳の時に若年性アルツハイマーと診断された。働きながら、鼓舞しながら、周りに助けられながら最愛の人たちを看取っていった。経験者だからこそ「できたこと、できなかったこと、やればよかったこと」など伝えられる。交流会では、同じ境遇の人たち同士で情報を共有し、時には愚痴ることで発散できる場を作る。「思い出を作れるうちに」と、本人たちと一緒のイベントも多数企画。正月の餅つきは大盛り上がり。すごく嬉しそうに楽しんでくれるのが喜び。「私もみんなに助けてもらった。その恩返しかな」とほほ笑む。

 〇…本業は看護師。小児科で地域の赤ちゃんや子どもたちの健康を診ている。夜も仕事で、旦那さんの介護時代は一度帰宅し、食事の用意をしてまた出かけるという日々を過ごした。徘徊を危惧し厳重にカギをかけた。デイサービスを嫌がる旦那さんを涙ながらに送ったことも。それでも仕事は辞めたくなかった。「申し訳ないなと思ったけど」。子どもたちが元気になった姿に癒される。

 〇…岩手県出身。中学時代には女子で初の応援団長を務めた。「選ばれてしまって仕方なく。声が枯れるほど叫んでいたので、今でも潰れ声よ」と笑う。その勇ましいエールは、今では県人会などの宴会の『締め』の十八番になっている。看護学校時代の実習で幼い子の最期に立ち会い、「田舎の病院では何もできなかった。都会なら難病の子も看護ができる」と上京した。

 〇…学会等で各地に赴く傍ら、週2回ママさんバレーで汗を流す。「日々忙しいけど、動いてないとダメみたい」。看護師になりたての時には、周囲の反対を押しのけ「女子大生にもなっときたい」と短大を受験した。その短大の友だちの紹介で旦那さんと出会った。「そんな運命もあるのよね」

南多摩斎場見学&懐石ランチ試食

懐石ランチ無料。香典返し試食や新茶・旬の野菜プレゼントなど嬉しい内容盛り沢山

https://www.toresere.com/

<PR>

町田版の人物風土記最新6

岡 資治さん

創立60周年を迎えた東京町田ロータリークラブの会長を務める

岡 資治さん

旭町在勤 63歳

11月25日号

林 アメリーさん

布のアッサンブラージュ作家で、町田福音キリスト教会で作品展を開く

林 アメリーさん

品川区在住 88歳

11月18日号

小宮山 文彦さん

小山町・小山ヶ丘・相原町を管轄する南大沢警察署長に着任した

小宮山 文彦さん

南大沢在住 58歳

11月11日号

浅倉 彩さん

「2021ジャパン・ケーキショー東京」の一部門で銅賞を受賞した

浅倉 彩さん

町田市在住 40歳

11月4日号

須貝(すがい) 麻優子さん

グリーンヨガフェスタ町田実行委員会で実行委員長を務める

須貝(すがい) 麻優子さん

広袴在住 51歳

10月21日号

吉田 知成(ともしげ)さん

先月、町田警察署長に着任した

吉田 知成(ともしげ)さん

旭町在住 55歳

10月14日号

あっとほーむデスク

  • 11月25日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

  • 10月7日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook