町田版 掲載号:2016年1月21日号 エリアトップへ

オーディオテクニカ まるで“白鯨” 新本社披露 世界に一つだけの建築

経済

掲載号:2016年1月21日号

  • LINE
  • hatena
(上写真)竣工した新社屋の外観(左写真)建物の説明をする赤坂喜顕教授
(上写真)竣工した新社屋の外観(左写真)建物の説明をする赤坂喜顕教授

 成瀬街道沿いに、巨大な白クジラが現れた―。マイクロフォンやヘッドフォンなどのオーディオ機器を町田市成瀬から、日本だけでなく世界各国に発信している株式会社オーディオテクニカ(松下和雄代表)。同社の新社屋が竣工し12日、内覧会を開催した。

 (株)オーディオテクニカは1962年に新宿で創業し、レコードプレイヤー用のカートリッジの製作販売を開始。65年に成瀬に移転した。独自に開発したカートリッジの生産は、ピーク時に月産100万個を記録するなど国内シェアを伸ばし、海外メーカーにも採用されるなど世界にもその名を知らしめた。デジタルに移行した現在も、業態をマイクロフォンやヘッドフォン、AVアクセサリーに変え、その分野でも業績を伸ばし、『世界のオーディオテクニカ』として活躍。同社のマイクロフォンはオリンピックやグラミー賞、サマーソニックなど国際的イベントでも採用された。

 新社屋の設計を担当した早稲田大学教授の赤坂喜顕教授は「一回性の建築(ONLY ONE)」をメーンテーマに据え「その時代に、その敷地に、その建築主によってしか実現し得ない建築が、グローバルな展開を加速するオーディオテクニカの新しい象徴になる」と説明した。施工は以前から同教授の研究室とチームを組んでいる竹中工務店。これまでにも、このチームで同社の主要拠点の設計や監修に携わってきた。

 「デザイン性の中に機能性を重視し、さらに、高低差のある丘陵地の地形を生かした設計にした。この土地の特色を取り入れたかったので」と話す赤坂教授。周囲の住宅地に威圧感を持たせぬよう、1612坪の敷地に対し建蔽率を50%に抑え空間に余裕を持たせた。そのうえで容積率は122%と床面積に対しての空間容積を確保。「できるだけスリムでタイトなものに」とリサーチに時間を割いた。「各フロアの床の高さが異なるスキップフロア構造の内観や、大きな片流れ屋根の外観に展開し、その形状から『モビィ・ディック(白鯨)』というプラン名をつけた」

 技術研究開発の施設も拡充。本格的な「無響室」「「シールドルーム」「視聴室」を備え、「電波暗室」を新設。今まで外注していた試験も「自前で行える」ようになった。「ここから素晴らしい製品が生まれ、世界の人々に感動を与えていくことを願っている」

記憶の伝承も

 食堂に施されたタイルや家具は旧本社からの再利用。応接室のシャンデリア、ステンドグラスなどは創業者・松下秀雄氏のコレクション品を設置するなど、遺産を保存・再利用することで記憶の伝承も図っている。

無響室はあらゆる音を完全に遮断
無響室はあらゆる音を完全に遮断

町田版のトップニュース最新6

対コロナ 補正予算19億

町田市

対コロナ 補正予算19億 社会

支援と経済活性化の両面

4月15日号

町田産葡萄でワインづくり

町田産葡萄でワインづくり 社会

体験型農園スタート

4月15日号

定数4に9氏が名乗り

都議選

定数4に9氏が名乗り 政治

投開票まで3カ月、情勢は

4月8日号

特殊バスで医療サポート

特殊バスで医療サポート 社会

問診や待機場所として提案

4月8日号

地域のものづくりで連携

地域のものづくりで連携 社会

教育や人材育成を目指し

4月1日号

寄付ウエアを橋渡し

FC町田ゼルビア

寄付ウエアを橋渡し 社会

インターン生発案で子どもたちへ

4月1日号

あっとほーむデスク

  • 3月25日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter