町田版 掲載号:2016年7月21日号 エリアトップへ

相模原から2道路接続 経済交流の活性も

経済

掲載号:2016年7月21日号

  • LINE
  • hatena
接続される道路とその周辺図
接続される道路とその周辺図

 小山地区、京王相模原線多摩境駅近くの東京多摩地域の骨格をなす2つの幹線道路に隣接する相模原市は、JR横浜線相模原駅と橋本駅の間を南北に走る2道路を、それぞれ接続させる計画を立てている。接続が実現すれば、両駅周辺を一体的に整備する広域交流拠点「さがみはら新都心」への経由を促す重要なアクセス道になるだけでなく、東京都西部地域と相模原との経済交流活性化も期待される。

 相模原市によって計画されている一つは、国道16号線清新交差点を北上し宮下交差点まで続く「宮下横山台線」を、東京都調布市から町田市内の境川付近まで伸びる「南多摩尾根幹線」へと接続する案。町田と相模原を走る両道路はともに周辺地域の主要道の一つであることから、地域経済活性化のために接続する必要性が認識されていた。現在、両道路間を行き来するには大きく迂回するか、狭い住宅街の道を抜けるしかない。特に住宅地の道は、抜け道のように使われることも多く、周辺地域の安全確保の観点からも整備が求められていた。町田街道の接続予定地では拡幅工事も進んでいる。

 両道路間を結んだ場合、その距離は約500m。整備を進める場合は延伸上に立地する畑や民家などの土地を、相模原市が買い上げる必要が出てくる。相模原市によると、接続実現に向けては今年8月中に予定される広域交流拠点の整備計画策定などを経て、着工、完成時期などが決められる見込みだ。なお、宮下横山台線は、相模総合補給廠の共同使用区域と一部返還地を東西にかけて整備される「(仮)東西道路」を通じ、相模総合補給廠の一部返還地に整備予定の「(仮)南北道路」と接続される計画もあり、相模原市の「新都心」形成の主要道としても期待されている。

 そして計画されているもう一方は、国道16号南橋本1丁目交差点を北上し、東橋本2丁目交差点まで伸びる「宮上横山線」。多摩市の中心部から多摩境駅付近まで通じる通称「多摩ニュータウン通り」に接続される。こちらは整備に向けた動きが既に進んでおり、相模原市は接続に必要な延伸道路約670m分の用地の内、86%を取得している。早ければ今年度中に着工し、2020年度中の完成を目標としている。

町田版のトップニュース最新6

対コロナ 補正予算19億

町田市

対コロナ 補正予算19億 社会

支援と経済活性化の両面

4月15日号

町田産葡萄でワインづくり

町田産葡萄でワインづくり 社会

体験型農園スタート

4月15日号

定数4に9氏が名乗り

都議選

定数4に9氏が名乗り 政治

投開票まで3カ月、情勢は

4月8日号

特殊バスで医療サポート

特殊バスで医療サポート 社会

問診や待機場所として提案

4月8日号

地域のものづくりで連携

地域のものづくりで連携 社会

教育や人材育成を目指し

4月1日号

寄付ウエアを橋渡し

FC町田ゼルビア

寄付ウエアを橋渡し 社会

インターン生発案で子どもたちへ

4月1日号

あっとほーむデスク

  • 3月25日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter