町田版 掲載号:2016年9月22日号 エリアトップへ

「成長する自分に期待」 桜美林大野球部 佐々木千隼選手に聞く

スポーツ

掲載号:2016年9月22日号

  • LINE
  • hatena
153Kmのストレートと鋭く曲がる変化球が武器
153Kmのストレートと鋭く曲がる変化球が武器

 「特に何か変わったということはないですね」。7月に行われた日米大学野球で1試合12奪三振を記録し、各球団のスカウトがさらに注目した。「評価してくれるのはありがたいですが、気にしてもしょうがないですからね」と瓢々と答える。

プロ注目

 球速153Kmのストレートを中心に、スライダー、シンカーフォークを投げ分け、首都大学リーグでは読売巨人軍の菅野智之投手が東海大時代に記録した53イニング連続無失点まであと3イニングに迫り、また同じく菅野投手が記録した年間7完封のリーグ記録にもあと1試合となった。

 「自分のセールスポイントは『打者に向かう姿勢』ですかね」。日ごろから意識してビビらずにどんどんストライクコースで勝負する。スリークォーターから投げ下ろす投球スタイルは直球でも変化球でもフォームが変わらず、相手を翻弄する。

成長する自分

 高校時代は甲子園に出場できず、大学で野球を続けるかも迷っていた。「野球を辞めようかなって本気で悩みましたよ」。高校時代はコントロールも投手としてのスキルもなく、思いっきり投げるだけだったと振り返る。

 転機を迎えたのは大学2年の時。嫌いだったウエイトトレーニングやランニングを積極的に行い肉体改造した。182cm72kgだった身体が1年で10kg増え、球速も140Kmほどだったストレートが153Kmにアップした。野球がどんどん楽しくなっていく。やんちゃでギラギラした目で監督を見つめていた選手が、白星を重ね、信頼も得て、エースへと成長していく。

日本代表のエースに

 日米大学野球でJAPANのユニフォームに袖を通す。初戦の先発を任され、7回12奪三振と好成績を残す。今までで一番しびれた試合だった。「先制点を取られてしまったけど、チームが逆転してくれて。良い内容で投げれたけど、チームが勝ったことがうれしかった」

自分に期待

 1カ月後に迫ったドラフト会議。「どの球団でも指名していただけるなら光栄です。どのチームでも行きます」。プロ野球の世界を「成長できる場所」と捉える。「プロで通用するコントロールや体力、そのほかすべて足りないと思います。でも大学に入って監督やコーチが指導してくれたおかげで、僕は成長しました。プロ野球に入っても、成長します。どれだけ成長できるか、どんな自分になっているか本当に楽しみです」。大学で経験した成長のおかげで、自分自身の可能性に期待を寄せる。

プロに期待

 現在は大学最後のリーグ戦を戦っている。「目標はケガをしないこと。そして優勝したいですね。優勝して、今までで一番しびれる試合にしたいです。プロ野球のことは意識していないと言えばウソになります。だって毎日考えていますよ。成長している自分のことを」

インタビューに答える佐々木千隼投手(15日・桜美林大クラブハウス)
インタビューに答える佐々木千隼投手(15日・桜美林大クラブハウス)

町田版のローカルニュース最新6

独留学の腕前披露

独留学の腕前披露 文化

初のソロリサイタル

1月21日号

駅前を華やかに

ペデストリアンデッキに装飾

駅前を華やかに 文化

1月21日号

吹奏楽部の熱い思いを募集

地元音響機器メーカー

吹奏楽部の熱い思いを募集 文化

オンライン配信をサポート

1月21日号

町田ゼルビア、新ユニ&背番号が決定

【Web限定記事】2021シーズン

町田ゼルビア、新ユニ&背番号が決定 スポーツ

1月21日号

「心の強い子に育てる」オンラインセミナーを開催

国際版画美術館で20年度の新収蔵作品展

あっとほーむデスク

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク