町田版 掲載号:2016年12月8日号 エリアトップへ

大蔵小 地元の特産農業を学ぶ まちだシルクメロン探求

教育

掲載号:2016年12月8日号

  • LINE
  • hatena
初めてのまちだシルクメロンに興味津々
初めてのまちだシルクメロンに興味津々

 「甘い!」「おいしい」。大蔵小3年2組の教室は、メロンの甘い香りと児童らの歓声に包みこまれた―。

 今年度、「学歴向上チャレンジ校」に指定された町田市立大蔵小学校(石井正広校長)は11月30日、東京大学教授の藤村宣之氏を迎え「協同的探究学習の授業づくりをどのように進めればよいか?―生活科・社会科を通して」をテーマにした校内研究会を行った。

 藤村氏が提唱する「協同的探究学習」とは、自分の考えを述べ、話し合い、交流しながらまとめていく学習スタイルで、「考える力」、「理解する力」などを育てるとされている。

 藤村氏や同校の全教員が視察したこの日の研究授業は、3年生の社会科「まちの人たちの仕事〜農家の仕事・まちだシルクメロン〜」。3年生は9月ごろから「農家の仕事の授業」に取り組んでおり、これまでに近隣のアグリハウス(直売所)や地元農家に出向き、農業を体感してきた。この日はまちだテクノパークの産業技術を応用した新たな農法を開発し、テレビや新聞などで多く取り上げられている「まちだシルクメロン」の作り方を探求。今までに調べた野菜と比較して、作り方の違いを知ると、「箱の中に入った水で栽培している」「上の方になっている」「一株から60個もできると聞いてびっくり」などと発表した。児童らは次の授業でシルクメロンPRポスターを作り、学習したことをまとめていく。

 授業後に行われた協議会では、教員らが協議を行い、藤村氏が講評した。浦木義尚副校長は「児童らの興味を引いた有意義な授業となった」と感想を述べた。

町田版のローカルニュース最新6

独留学の腕前披露

独留学の腕前披露 文化

初のソロリサイタル

1月21日号

駅前を華やかに

ペデストリアンデッキに装飾

駅前を華やかに 文化

1月21日号

吹奏楽部の熱い思いを募集

地元音響機器メーカー

吹奏楽部の熱い思いを募集 文化

オンライン配信をサポート

1月21日号

町田ゼルビア、新ユニ&背番号が決定

【Web限定記事】2021シーズン

町田ゼルビア、新ユニ&背番号が決定 スポーツ

1月21日号

「心の強い子に育てる」オンラインセミナーを開催

国際版画美術館で20年度の新収蔵作品展

あっとほーむデスク

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク