町田版 掲載号:2017年1月26日号 エリアトップへ

スポーツを支える文化を 岡田武史氏らとシンポ

スポーツ

掲載号:2017年1月26日号

  • LINE
  • hatena
ディスカッションする石阪丈一市長(左)と岡田武史氏(中央)、杉原海太氏
ディスカッションする石阪丈一市長(左)と岡田武史氏(中央)、杉原海太氏

 「スポーツ地域振興シンポジウム」が20日、和光大学ポプリホール鶴川で行われ、パネリストに元サッカー日本代表監督・岡田武史氏、FIFAコンサルタントの杉原海太氏、石阪丈一町田市長が登壇し、スポーツで街が一つになるということについて話し合った。

 このシンポジウムは、町田市のスポーツ推進計画の抱える課題や今後のスポーツを活用した地域創生の考え方、またスポーツ振興を支える人材などについて話し合おうと企画されたもの。

 今回は元サッカー日本代表監督の岡田武史氏とFIFAコンサルタントの杉原海太氏、そして石阪丈一町田市長が登壇し、町田市のスポーツの現状や取り組み、課題、これからのことなどをテーマにディスカッションが行われた。

 岡田氏は現在、サッカー四国リーグのFC今治のオーナーを務めている。FC今治は四国リーグで昨シーズン優勝し、今シーズンからは全国リーグであるJFLに参入する。JFLはJリーグ(1〜3部)の次のリーグ。

 「最初は今治の地元で誰も相手にしてくれなかった。成績を残し、夢を語ることで、支援者が増え、応援してくれるようになった」と話し、地域の理解がいかに必要かを説いた。「でもね、だた『優勝します』という夢ではなくて、サッカーを通じてどんな経験ができるか、どのように生活とかかわるかなど、『大きな夢』を広げないとね」と熱く語り、会場は大きな拍手に包まれた。

 石阪市長は「2013年の東京国体では多くの人がボランティアとして協力してくれた。ボランティア数は都内で1位。他の人口が多い自治体より多い。この方たちが今でも、様々なイベントでもボランティアとして協力してくれている。数字には表れないかもしれないが、町田市の財産だと思う」と市と市民との関わりを紹介。

 今治もサッカースタジアムの規模がJリーグの規定に届いてなく、「5000人規模のスタジアムを計画中」とのこと。複合型のスタジアムを予定していて、「ショッピングセンターがあり、トップレベルのトレーニングセンターも併設する予定。日本中のトップアスリートが今治でトレーニングし診療も行う。もちろん地元の人たちも同じように最高のトレーニングをすることができる。高齢者はリハビリにもなる」と岡田氏。「人口16万人。近隣自治体を合わせても100万人いない。町田は交流人口200万人いるという。何でもできるよ」と岡田氏は町田市にエールを送った

町田版のトップニュース最新6

選挙契機に地域盛り上げ

選挙契機に地域盛り上げ 社会

「投票所はあっち」の矢印掲げ

1月20日号

住民主導で空き家活用

玉川学園・南大谷地区

住民主導で空き家活用 社会

多世代交流の場に

1月20日号

市内4811人か新成人に

市内4811人か新成人に 社会

成人式、会場開催2年ぶり

1月13日号

都知事 多摩地域を語る

年頭インタビュー

都知事 多摩地域を語る 社会

「多世代が快適に暮らす環境に」

1月13日号

「受診控え」に注意喚起

町田市歯科医師会

「受診控え」に注意喚起 社会

超高齢社会へ向けた取組も

1月6日号

デジタル化 支援と推進

会頭インタビュー

デジタル化 支援と推進 経済

コロナ下で会員増

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月20日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月2日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

地域共生社会の実現へ

まちだDポータル2021

地域共生社会の実現へ

各事業所の発表をWEB配信

2月12日~2月12日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook