町田版 掲載号:2017年6月29日号 エリアトップへ

沢野ひとし×木村晋介対談 ゆるいトークに大盛り上がり 町田市民文学館

文化

掲載号:2017年6月29日号

  • LINE
  • hatena
木村氏(左)と沢野氏=24日撮影
木村氏(左)と沢野氏=24日撮影

 町田にゆかりのある作家を含めた回顧展として開催された「本の雑誌厄よけ展―オモシロ本を求めて42年」が、25日に終了した。

 24日にはイラストレーターの沢野ひとし氏と弁護士の木村晋介氏の対談「ぼくらは一緒に大人になった」が行われた=写真。中学生時代に知り合って同級生だった2人はその後も交流が続き、大学生時代には共同生活を送る。社会人になってからは「本の雑誌」誌上の「発作的座談会」で椎名誠氏や目黒孝二氏らと息のあったトークを繰り広げて人気を博す。二人のさまざまなエピソードから、”人生を愉しむ秘訣”が聞けたほか、前半には木村氏による新作落語「椎名の手」の口演もあった。

 イラストレーター兼エッセイストの沢野氏は町田市在住。今回の展示会を開催するきっかけを作った一人。「本の雑誌」では2号から表紙と本文挿絵を担当。独特の絵が人気となり「ワニ眼画伯」と呼ばれた。

 対談は、事前募集した定員80人がすぐに埋まるほどの人気で、会場となった会議室は満席状態。二人のゆるいトークに盛り上がり、最後には観覧者の質問に答える時間も作られ、予定していた時間はあっという間に過ぎた。「初めて会ったときのお互いの印象は」という質問には、木村氏が出会いの場面から印象までを詳細に語る中、沢野氏は「よく覚えていない」といつものようにひょうひょうと答え、会場は笑いに包まれた。また、観覧者からは「本当に仲が良くてうらやましい」という声も聞かれた。

 町田市民文学館の担当者によると、展覧会は最終日を翌日に控えた24日の段階で来場者が5500人を超える盛況となった。

町田版のローカルニュース最新6

独留学の腕前披露

独留学の腕前披露 文化

初のソロリサイタル

1月21日号

駅前を華やかに

ペデストリアンデッキに装飾

駅前を華やかに 文化

1月21日号

吹奏楽部の熱い思いを募集

地元音響機器メーカー

吹奏楽部の熱い思いを募集 文化

オンライン配信をサポート

1月21日号

町田ゼルビア、新ユニ&背番号が決定

【Web限定記事】2021シーズン

町田ゼルビア、新ユニ&背番号が決定 スポーツ

1月21日号

「心の強い子に育てる」オンラインセミナーを開催

国際版画美術館で20年度の新収蔵作品展

あっとほーむデスク

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク