町田版 掲載号:2017年8月24日号 エリアトップへ

町田市舞踊連合会の会長に就任した 南条 久美香さん 木曽在住 83歳

掲載号:2017年8月24日号

  • LINE
  • hatena

全てを肥やしに芸道を生きる

 ○…「和の輪」をモットーにする舞踊愛好家たちの集まり。これまで縁の下の力持ちとして舞踊の発展に貢献してきた。今期から前会長を引き継ぐ形で500人を超える団体のまとめ役に。「人の前に立つのは恥ずかしい。でも私が一番古いから、仕方ない」と笑う。

 ○…民謡や演歌などの歌に合わせて踊る創作舞踊。南条流の家元として町田の踊りの礎を作ってきた自負がある。協会をつくり、連盟をつくり、「いろいろ首を突っ込んできた。呼ばれればあちこち駆けずり回って。そのころあまり先生がいなかったから」と懐かしむ。昭和52年の創琉公演を皮切りに市民ホールで何年も公演を行った。日本武道館や国立劇場で演じたことも。町田天満宮の祭りでも、奉納舞や着付けなどに携わる。芸道57年、「自分が好きでやってきたことだけど、ここまで続けて来られたのも、弟子や周りの人に支えられたから」と感謝を忘れない。

 ○…昭和19年、小学5年の頃に疎開で横浜から町田に。「当時の三ツ又はもう”山”よ。周りに何もない」。父と一緒に山を開墾し、慣れない農作業。まき割りをしたり、稲刈りをしたり…、都会とのギャップに泣いた。「いろんな体験をしたからこそ、踊りが生みだされているのかも」と今、思う。結婚後、芸道の道に入ると「南多摩郡成瀬村三ツ又」から「南」、規律を守るという意味がある「条」を取り「南条流」と名付けた。すべてが肥やしになっている。

 ○…15年ほど前、熱海の民宿の女将さんに踊りを惚れられ、その地で稽古をつけることに。町田と熱海を行き来する生活を続けると、「町田はひと段落したかな」と、網代駅前に稽古場を構え、移り住んだ。現在は南条流の70〜90代の弟子とともに地元を盛り上げている。そんな折の会長就任。「しばらくは息子に家に居候ね」。新リーダーとして秋の市民文化祭に向け、準備を開始した。周りを立てながら、皆より一歩下がって。

町田版の人物風土記最新6

宮澤 雅文さん

町田市民文学館の「のりものえほん展」にあるジオラマを製作した

宮澤 雅文さん

相模原市在住 61歳

9月16日号

鈴木 忠さん

第11代町田市社会福祉協議会会長に就任した

鈴木 忠さん

鶴間在住 76歳

9月9日号

渡辺 縁(ゆかり)さん

「真之山ふるさとの森を守る会」の代表を務める

渡辺 縁(ゆかり)さん

本町田在住

9月2日号

ホースボーン由美さん(本名 竹川 由美)

初となるアガサ・クリスティの法廷劇に一人芝居で挑む

ホースボーン由美さん(本名 竹川 由美)

能ケ谷在住 

8月19日号

バンバン ルディアントさん

和光大学教授でインドネシアを広める活動に力を入れる

バンバン ルディアントさん

川崎市在住 54歳 

8月12日号

高橋 豊さん

(一財)町田市文化・国際交流財団の理事長に就任した

高橋 豊さん

木曽西在住 66歳 

8月5日号

あっとほーむデスク

  • 9月9日0:00更新

  • 9月2日0:00更新

  • 8月19日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook