町田版 掲載号:2017年9月28日号 エリアトップへ

警視庁町田警察署の署長に就任した 岩下 悦男さん 警視正 57歳

掲載号:2017年9月28日号

  • LINE
  • hatena

「強く、優しい町田署に」

 ○…管内住民の人口が警視庁1位の町田署。その署長に8月28日に就任。「一つ一つの扱いを真摯にしっかりと丁寧に。相手の気持ちになり対応しよう」と署員たちを鼓舞した。歴史と伝統のある警察署で「責任もあるが、やりがいもある」と胸を膨らます。警視庁入庁後、主に23区内の所轄に勤務。南千住署長、警視庁本部生活安全特別捜査隊長、生活経済課長などを歴任。署員600人を束ねる今となっても、座右の銘「初心忘るべからず」を胸に、警察官を志した当時の気持ちを振り返り、日々、自問自答を繰り返す。

 ○…熊本の農家の家に生まれる。幼少期から家業を手伝った。「もちろん昼間は農作業。部活はできなかったけど、小学校時代には夜の剣道だけやらせてもらえたな」。剣道3段の腕前はその頃の経験が生きている。父親が交通安全協会の活動をしていた関係で、自宅によく駐在のお巡りさんが立ち寄っていた。自然と憧れの対象に。高校を卒業し、「どうせなら警視庁だ」と上京した。憧れの”駐在さん”にはならなかったが、今になり、地域密着の、駐在の多い署にやってきた。

 ○…警察官の奥さんとの間には2人の息子。長男は警察学校に入校している。「願ったわけではなく、本人が自分で選んだ道だけど、やっぱり嬉しいものだね」と父親の顔をのぞかせる。単身赴任も3度目で慣れたもの。洗濯、掃除、簡単な調理もこなす。「しっかり朝ご飯を作って、しっかり食べているよ」と笑う。オフの日は、「好きな名所・旧跡巡りをしながら、町田の街を知っていきたいね」。

 ○…就任後すぐ、祭りや合同パトロールで地域の人たちと交流した。「自宅のある下町の雰囲気があるね。町の人があたたかい」と町田を評す。頭を悩ますのは振り込め詐欺被害や交通事故の件数だ。地域と連携を取り、被害に遭わないための啓発活動をより強化していく。「安心・安全の街、町田」を守るためにも。

町田市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

町田版の人物風土記最新6

實吉 達郎(さねよし たつお)さん

UMA(未確認動物)の命名者で動物研究家の

實吉 達郎(さねよし たつお)さん

下小山田町在住 92歳

1月27日号

北村 友宏さん

「投票所はあっちプロジェクトinまちだ」を立ち上げた

北村 友宏さん

藤の台在勤 45歳

1月20日号

市川 展久さん

第55代町田青年会議所理事長に就任した

市川 展久さん

木曽在勤 38歳

1月13日号

石橋 光穂(みつほ)さん

「二十祭まちだ2022」の実行委員長を務める

石橋 光穂(みつほ)さん

小山町出身 20歳

1月6日号

矢舟 テツローさん

市内出身のミュージシャンで、約6年ぶりにアルバムを発表する

矢舟 テツローさん

町田市森野出身 

12月9日号

中坪 亮輔さん

まちだ野菜を市民に届ける株式会社マチコロで代表取締役を務める

中坪 亮輔さん

木曽西在住 20歳

12月2日号

あっとほーむデスク

  • 1月20日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月2日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook