町田版 掲載号:2018年5月10日号
  • googleplus
  • LINE

5月14日(月)、和光大学ポプリホール鶴川で独演会を開く落語家の 立川 晴の輔さん 45歳 

チャレンジの神様は必ずいる

 ○…落語立川流、立川志の輔一門。この世界に飛び込んで丸20年―。2003年二ツ目、2013年12月に真打に昇進した。祝い会を開いた鶴川のこの場所で、自身の殻を破る“チャレンジ”と呼ぶ独演会を開く。「落語はもちろん、立ち上がったり着物を脱いだり、踊らないけど弾けます」。独演会を超える舞台、題して“超”独演会。2時間という時間の中、今の自分が持つすべてを注ぎ込む。見えない壁を破ったときに、そこに見える世界は何か。まだわからないその先を観衆に見届けてもらいたいと願う。

 ○…2011年から町田に事務所を構える。地元で生の落語を届けたいと場を与えてくれたビルのオーナー、42万人が暮らす街の魅力や独自の存在感に魅了され、この地での活動は8年を超えた。今やホームグラウンドとなった町田で、新しいエンターテインメントと呼べるショーを開く。

 ○…野球少年で当時の夢は巨人の選手。中学生のときはジャッキー・チェンに憧れ、体操部に入ってバック転ができるようになった。中2でボウイのライブに行き、衝撃を受ける。舞台への憧れを抱くようになった少年は大学生で師匠の落語に出会い雷に打たれた。座布団一枚の世界、言葉だけで夢のような空間に誘う。情熱は4年間消えず、卒業後に門を叩いた。

 ○…今回は次のステップに上がるため、落語の枠を飛び出した舞台にするつもりだ。「予習は一切いりません」。落語が初めての人でも楽しめる、現代から古典の世界へ日常を忘れるような時間を届ける。大成功するか、大失敗するかはわからない。でも、チャレンジの神様は必ずいると信じている。「みなさんが何かを感じてくれるようなものをやります。サプライズも準備していますのでお楽しみに」

町田版の人物風土記最新6件

荒谷 俊治さん

町田市で4人目の名誉市民として顕彰された指揮者の

荒谷 俊治さん

5月24日号

井上 博之さん

都立小山内裏公園で行われる「第5回チャレンジ防災実行委員長」を務める

井上 博之さん

5月17日号

川崎 友理江さん

4月にオープンした無料塾「鶴川つばめ塾」の事務局長を務める

川崎 友理江さん

5月3日号

伊藤 富貴子さん

たけのこコンサートでピアノリサイタルを開くピアニストの

伊藤 富貴子さん

4月26日号

原 歩さん

FC町田ゼルビアレディースのコーチに就任した元なでしこジャパンの

原 歩さん

4月19日号

安達 廣美さん

町田市町内会・自治会連合会の会長を務める

安達 廣美さん

4月12日号

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

里山のマルシェふたたび

里山のマルシェふたたび

消費者と有機農家つなぐ

5月26日~5月26日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月24日号

お問い合わせ

外部リンク