町田版 掲載号:2018年5月31日号
  • LINE
  • hatena

音楽座ミュージカル 地元娘も「ホーム」で熱演 市民ホールで3日間

文化

左から後藤さつきさん、尾関そらさん、酒井紫音(しおん)さん=芹ヶ谷スタジオで撮影
左から後藤さつきさん、尾関そらさん、酒井紫音(しおん)さん=芹ヶ谷スタジオで撮影
 町田市と文化芸術パートナーシップ協定を結ぶ音楽座ミュージカルが、6月22日(金)〜24日(日)の3日間、町田市民ホールで地元で生まれたオリジナルミュージカル『ホーム』を上演する。町田市出身の若手音楽座メンバーが、地元公演にむけ奮闘中だ。

 町田市は2013年、音楽座ミュージカルと文化芸術パートナーシップ協定を結んだ。協定締結の相手となるパートナーの選定には、市を拠点とし、全国的に活動を展開していることなどが条件となる。原町田に稽古場(芹ヶ谷スタジオ)を構える音楽座は、今回4度目となる協定事業としてホームタウン公演を行う。

 本作は昭和34年秋、ひと組の家族を中心に、学生運動に命を燃やした恋人たちの物語が絡み合い、やがて一つにつながっていく展開。「現代を生きる自分たちに繋がるテーマを、昭和の時代をベースに楽しく描いていきます」。まだテレビが一家に一台あるのが普通ではなかった時代の物語で、大人から子どもまで楽しめる作品になっている。

 町田出身のメンバー3人は今年から「マチダーS(ズ)」というグループを結成し、さまざまな告知活動を行っている。本作では「オリジン」という森羅万象を表す役を主に演じる3人。尾関さんは今回の公演について「自分がいままで見てきた音楽座ミュージカルが、これからも町田で見てもらえるよう、この公演を満席にしたい」と意気込む。後藤さんも「町田に住む人たちに作品を見て、前向きな気持ちになってほしい。多くの人に見てもらえたら」と公演への意欲を見せた。

 同公演に先立ち、19日に子どもセンターまあちで行われた告知イベントには約40人の子どもと保護者が参加。3人は子どもたちと一緒に「昭和の家庭にテレビがくる」というテーマで、歌って踊った。1歳の子どもと参加した保護者は「週に2回ほどまあちに来ている。このような本物に触れる機会がまたあれば参加したい」と感想を述べた。

 チケットほか問合せは音楽座【フリーダイヤル】0120・503・404へ。

まあちで=19日撮影
まあちで=19日撮影

町田版のトップニュース最新6件

多摩の魅力、開花へ全力

小池都知事インタビュー

多摩の魅力、開花へ全力

1月10日号

健康寿命延ばす「健口」のために

干支の「亥」を可愛らしく

スヌーピーが来るぞ

南町田にミュージアム

スヌーピーが来るぞ

1月1日号

“伝説”を目撃せよ

ドリームサッカー

“伝説”を目撃せよ

1月1日号

「オール町田で活性化」

新春インタビュー

「オール町田で活性化」

1月1日号

声楽家 谷口艶子

小鳥児童合唱団のメンバーも募集しています

https://muumikoti.exblog.jp/

<PR>

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    10月25日0:00更新

  • 7月26日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

待望の新譜が完成

まちだガールズ・クワイア

待望の新譜が完成

あやね卒団ライブで先行発売

1月20日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年1月10日号

お問い合わせ

外部リンク