町田版 掲載号:2018年8月23日号 エリアトップへ

パジャマランウェイ “眠れる森の美女”集結 「まくらぼ」がミスコンとコラボ

経済

掲載号:2018年8月23日号

  • LINE
  • hatena
(上)まさに”美女と枕の祭典”(右)華麗にランウェイを歩く平松里彩さん(17)
(上)まさに”美女と枕の祭典”(右)華麗にランウェイを歩く平松里彩さん(17)

 まさに眠れる森の美女の集い―。町田市に本社を構え、オーダーまくらと寝具の専門店「まくらぼ」を運営する(株)大和屋ふとん(齊藤淨一(きよかず)社長)は9日、「ミス・ワールド・ジャパン2018」のファイナリスト30人をゲストに迎え、都内会場で「パジャマ・ランウェイ」を開催した。2016年からミス・ワールド・ジャパン公式スポンサーを務める同社が企画した初のイベント。美女たちの可憐な姿に観客らは酔いしれた。

 世界3大ミスコンテストの中で最も歴史が古い「ミス・ワールド」。日本代表選出を控えたミス・ワールド・ジャパン2018のファイナリスト30人がパジャマ姿で共演。日本女性の美のために設計されたという、まくらぼオリジナル枕「ビューティースタイルピロー」を抱え、華麗にランウェイに登場した。ファイナリストには相模原市の観光親善大使を務める高橋英礼奈(えれな)さん(20)や、伊達政宗公直系、21代目の末裔(まつえい)である大学生・伊達佳内子(かなこ)さん(21)、主にグラビア活動を行っているタレントの鈴木ふみ奈さん(28)など16歳から28歳までの美女たちが揃い、それぞれが好みのパジャマを身にまとい、得意のポーズとウオーキングを披露した。

 ショーの後半にはトークセッションが催され、「スリープマイスター」である齊藤社長が登壇=下写真。ファイナリストたちにより良い睡眠の技術やコツ、効能などを伝えると、ファイナリストたちから感嘆の声が上がった。齊藤社長は「ファイナリストの皆さんは、良い睡眠技術を習慣にしてもらい、ベストな形で大会に挑んでほしいです。またこのようなコラボ企画を今後も開催し、睡眠の大切さを広く知らせ、睡眠で日本を元気にするという目標に向かって邁進していきます」とコメントした。

 ファイナリストたち30人は今月28日(火)にANAインターコンチネンタル東京で開催される日本大会に出場。そこでミス・ワールド2018世界大会に出場する日本代表が決定する。

南多摩斎場見学&懐石ランチ試食

懐石ランチ無料。香典返し試食や新茶・旬の野菜プレゼントなど嬉しい内容盛り沢山

https://www.toresere.com/

<PR>

町田版のトップニュース最新6

子年だけ逢える観音菩薩

河上山福寿院

子年だけ逢える観音菩薩 文化

33霊場で開帳 市内では唯一

4月2日号

待たれる新学期開始

市内小・中学校

待たれる新学期開始 教育

新型コロナで状況変更も

4月2日号

町田駅前デッキが桜満開

町田駅前デッキが桜満開 社会

初めてテント支柱も装飾

3月26日号

初の単著で大臣新人賞

和光大学教授

初の単著で大臣新人賞 教育

越中おわら風の盆を描く

3月26日号

卒業生に合奏でYELL

町田二小

卒業生に合奏でYELL 教育

「寂しい思いをさせたくない」

3月19日号

仕事と家庭の両立評価

企業表彰

仕事と家庭の両立評価 社会

老舗酒店の(有)蔵家 が受賞

3月19日号

あっとほーむデスク

  • 3月26日0:00更新

  • 1月16日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ここだけの話し

まほろ座MACHIDA仕掛人 成瀬英樹の

ここだけの話し

今回は「なかの綾さん×星野みちるさん」

4月5日~4月5日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク