町田版 掲載号:2018年10月11日号
  • LINE
  • hatena

FC町田ゼルビア バックアップ約束 CA社藤田社長が初観戦

スポーツ

7日の試合は5千人以上が詰めかけた
7日の試合は5千人以上が詰めかけた

 サイバーエージェント(CA社)の経営権取得が表明されて初のホーム戦となったJ2リーグ第36節、7日のモンテディオ山形との一戦は0-0の引き分けに終わった。試合後、CA社の藤田晋社長がピッチに立ち、サポーターを前に「CAグループとして町田ゼルビアを全力でバックアップする」と約束。「今日からサポーターとして応援していきます」とあいさつした。これを受けて相馬直樹監督は「非常にうれしく思いますし、頼もしいと思います」と会見で語った。

 次節は14日、ホームの町田市立陸上競技場で現在首位の大分トリニータと戦う。午後3時キックオフ。この試合は「高知よさこいマッチデー」としてさまざまなイベントを実施予定。ホーム戦のチケットは市内の郵便局で購入できる。

 またゼルビアは16日午後7時からサポーターミーティング(説明会)を和光大学ポプリホール鶴川(B2F)で行う。内容は「J1ライセンス取得に向けたクラブの体制強化について」。誰でも参加できる。参加希望者は直接会場へ。

町田版のローカルニュース最新6件

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月18日0:00更新

  • 2月21日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

お茶会のおさそい

お茶会のおさそい

新緑の薬師池公園

4月27日~4月27日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年4月18日号

お問い合わせ

外部リンク