町田版 掲載号:2019年1月17日号 エリアトップへ

池の水抜いてみたら… 小山内裏公園でかいぼり

社会

掲載号:2019年1月17日号

  • LINE
  • hatena
水質調査や生物の保護を行う専門家とボランティア
水質調査や生物の保護を行う専門家とボランティア

 都立小山内裏公園(小山ヶ丘)で昨年12月半ば、水質改善や外来種駆除を目的とした「かいぼり」が行われた。

 都に委託された専門業者と講習を受けた10人のボランティアが、約200平方メートルの水を抜き、水深を10cmほどに減らした内裏池に入り、水質調査や生物の保護を行った。ミシシッピアカカミガメ、タイリクバラタナゴや大量のアメリカザリガニなど外来種を捕獲した一方、在来種のミズカマキリ、オニヤンマ(ヤゴ)、ハイイロゲンゴロウ、コマツモムシなども保護。「外来種は在来種を食べたり、水質を悪化させたりするためやむを得ず駆除します。ザリガニばかりかと予想しましたが、ハイイロゲンゴロウなどが捕獲され、在来の水生昆虫類の生息地になっていることが確認できたのが収穫。今後はもっと多様な生物が生息できる環境を目指したい」と都公園協会。

保護された在来種のミズカマキリを見る児童
保護された在来種のミズカマキリを見る児童

町田版のローカルニュース最新6

初不動・だるま市

特別開扉

初不動・だるま市 文化

木曽観音堂

1月20日号

町田市バイオエネルギーセンター開所式

町田市バイオエネルギーセンター開所式 社会

関係者ら約100人で祝う

1月20日号

叙情歌で元気与え

叙情歌で元気与え 文化

桜実コーラス・大村みのりさん

1月20日号

8人表明、一発芸も飛び出す

8人表明、一発芸も飛び出す スポーツ

ゼルビア 新加入選手会見

1月20日号

92歳、流麗なトークでUMA語る

市内在住の動物研究家・實吉さん

92歳、流麗なトークでUMA語る 社会

1月20日号

オリンピアンに「夢」もらう

金井小

オリンピアンに「夢」もらう スポーツ

バドミントン男子ダブルス 遠藤大由選手

1月20日号

あっとほーむデスク

  • 1月20日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月2日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

地域共生社会の実現へ

まちだDポータル2021

地域共生社会の実現へ

各事業所の発表をWEB配信

2月12日~2月12日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook