町田版 掲載号:2019年3月28日号 エリアトップへ

夢をつなごう会 日本の文化を背に ランドセルを西アフリカへ

文化

掲載号:2019年3月28日号

  • LINE
  • hatena
大使館を訪問したときのもの。左から4人目が斉藤恵津子代表(本人提供)
大使館を訪問したときのもの。左から4人目が斉藤恵津子代表(本人提供)

 ランドセルと一緒に夢も背負って―町田市内に拠点を置く「夢をつなごう会」(斉藤恵津子代表)は、昨年から不要になったランドセルを集め、西アフリカのトーゴ共和国へ寄付する活動を始めた。そこには「物を大切にする日本の文化も伝えたい」という思いもある。

 トーゴ共和国の大使からの要請を受けて始めた寄付活動。現地の子どもたちのためにランドセルをはじめ、文具や楽器といった学校教育に使えるものなら何でも集める活動を「夢をつなごう会」としてスタートさせた。

 多くの人々からの協力を得て、昨年は350個のランドセル、70台のピアニカ、鉛筆やクレヨンが段ボール箱何個分にも集まった。「大使館からも感謝され、日本と文化交流したいという声もありました」と斉藤代表。今年はモンゴル国からの要請もあり、引き続き寄付を呼び掛けている。「物を大切に使う日本人の心や製品の良さを知ってもらい、日本という国に興味を持ってくれたら嬉しい」

 受付は、成瀬台小学校で毎月第3木曜午後1時〜2時半のほか、NPOコミュニティフレンド鶴川地区協議会で月〜金曜午前10時〜正午と午後1〜3時、協力店の藤建ホーム事務所(成瀬7の7の3)では平日午後5時まで対応している。

 問合せは【携帯電話】090・2444・1683斉藤代表または【携帯電話】090・1768・4724事務局の堀内さんへ。

寄付で集まったランドセル
寄付で集まったランドセル

町田版のトップニュース最新6

町田のイチオシ10年目

トライアル発注認定

町田のイチオシ10年目 経済

「節目」の50商品突破

8月18日号

本の要約サイトと連携

鶴川駅前図書館

本の要約サイトと連携 社会

市内初、新サービス導入

8月18日号

理科好き増やす体験授業

科学教育センター

理科好き増やす体験授業 教育

サレジオ高専が協力

8月11日号

猛威ふるう酷暑、市内も

猛威ふるう酷暑、市内も 社会

名産守るため対策強化

8月11日号

まちだ青城祭で竹灯り

FC町田ゼルビア

まちだ青城祭で竹灯り スポーツ

ホーム戦、放置竹林を活用

8月4日号

近隣呼びかけ防災学ぶ

近隣呼びかけ防災学ぶ 社会

町田JC「枠超え共助を」

7月28日号

あっとほーむデスク

  • 7月7日0:00更新

  • 6月30日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook