町田版 掲載号:2019年4月18日号 エリアトップへ

NPO法人川さらい 楽しく川をきれいに 境川や恩田川で毎週活動

社会

掲載号:2019年4月18日号

  • LINE
  • hatena
花が満開の桜の木の下を流れる恩田川で活動を続けるメンバーたち
花が満開の桜の木の下を流れる恩田川で活動を続けるメンバーたち

 楽しく遊びながら地元の川をきれいにしよう――NPO法人「川さらい」(深田秀男理事長)は市内を流れる境川や恩田川で環境保全を目的に清掃活動を続ける。「拾うのはゴミではなく宝物」。活動を通じて人の輪が広がり、支援や協力を申し出る人たちも少しずつ増えてきている。

 「川には人を引き付ける力がある」と深田さん。きっかけは自宅近くを流れる境川の汚れが気になったこと。子どもたちが川に親しみを持ち、泳いだり、釣りやボート遊びができる場所を作りたい。「身近にある川がこんなにも汚れている。みんなに知ってもらいたかった」。小さかった子どもと週末にゴミ拾いを始めると、それを見かけた人が手伝ってくれるようになった。終了後、参加者に飲み物を振る舞いながら雑談するひととき。きれいになった川を眺めながら過ごす時間は誰もが笑顔になることに気が付いた。不定期で行ってきた活動が10年におよび、周囲の勧めもあって約1年半前にNPOを立ち上げた。

 自転車、冷蔵庫、テレビ、パソコン…川の中にはありとあらゆるものが捨てられている。「特に多いのがビニールとタバコの吸い殻。風に飛ばされてきた物も多いとは思いますが」。毎週末の清掃活動には5〜10人ぐらいが自由に参加している。子どもから大人まで、「できることをできる範囲でやる」がモットー。基本的には川の中の清掃が中心になるので、水の深い場所では2、3人乗り用のボートに乗って行う。

 メンバーによる清掃活動のほか、生態系調査、河川の利用についての検討など、環境保全活動も実施。花見客であふれた恩田川で活動したときは、道行く人から声もかけられた。活動を知ってもらうことで、環境への意識を啓発する狙いもある。

 活動後は参加者同士の交流タイム。ボートで川下りをしたり、川から拾った廃材で作った水上自転車に乗ったり。楽しむ目的があるから長く続けることもできる。「川が人と人との出会いの場になる。境川が“天の川”のように人を結びつける川になったら嬉しいですね」。深田さん自身の最終ゴールは、町田から江ノ島までボートで川下りができるようになること。町田の財産でもある川が、多くの人の憩いの場となってほしいと願う。

支援の輪も広がる

 活動を続けることで応援してくれる人たちが増えてきた。「飲み物を差し入れてくれたり、活動を支援してくれたり、人の温かさを感じます」。つくし野テニスカレッジ、つくし野英語学院はスポンサーと協賛の両面で支援。西武信用金庫町田支店、横浜銀行町田支店なども応援してくれている。

 活動は毎週日曜の午前8時ごろから正午にかけて。増水による事故防止のため、降水予報があるときは活動しない。見学、参加歓迎。【URL】http://www.kawasarai.org
 

清掃後は川下りなども実施
清掃後は川下りなども実施

南多摩斎場見学&懐石ランチ試食

懐石ランチ無料。香典返し試食や新茶・旬の野菜プレゼントなど嬉しい内容盛り沢山

https://www.toresere.com/

<PR>

町田版のトップニュース最新6

観光資源の魅力を向上

町田薬師池公園

観光資源の魅力を向上 社会

初の夜間ライトアップ

11月14日号

次につながる勝利

FC町田ゼルビア

次につながる勝利 社会

ホーム最終戦に残留かける

11月14日号

全国初の自家用有償運転

鶴川団地 電動カート

全国初の自家用有償運転 社会

公道走り住民の足に

11月7日号

町田の魅力を全国に

地域産業 活性化

町田の魅力を全国に スポーツ

信金ネットワークでPR

11月7日号

駅周辺で駐輪場シェア

町田市

駅周辺で駐輪場シェア 社会

放置自転車対策に注力

10月31日号

桜美林キサイサ圧巻

箱根駅伝予選会

桜美林キサイサ圧巻 スポーツ

3年連続の個人トップ

10月31日号

ゼルビアの名と共に

ゼルビアの名と共に スポーツ

来季は名称、ロゴは現行のまま

10月24日号

あっとほーむデスク

  • 10月24日0:00更新

  • 10月17日0:00更新

  • 5月30日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月14日号

お問い合わせ

外部リンク