町田版 掲載号:2019年5月23日号 エリアトップへ

市内在住木村姉妹 双子が奏でる美しい調べ 鶴川でピアノコンサート

文化

掲載号:2019年5月23日号

  • LINE
  • hatena

 盲目の双子のピアニスト、市内在住の木村りえ、りさ姉妹による「りえ・りさDuoピアノコンサート2019」が6月7日(金)、和光大学ポプリホール鶴川地下2階ホールで開催される。午後7時開演(6時30分開場)。目が見えないことが当たり前に育った双子姉妹の息の合った演奏で、ハートフルな調べが会場に響き渡る。

 「目が見えなくて不幸に思ったことは一度もない。不便なことはその都度解決していく」。北九州市出身の双子姉妹。音と触感でいろいろなものを覚えていくなか、家にあったアップライトピアノを、頭の上の鍵盤に手を伸ばして弾いた記憶があるという。5歳の頃から親にピアノを習いたいと頼み込み、小学3年でようやく叶った。

 高校まで一緒に進んできた二人。「得意な部分が違っていたから」と、受験科目の関係で別々の大学に進む。姉のりえさんは、フェリス女学院大学音楽学部器楽学科ピアノ専攻卒業。同大ディプロマコース修了。妹のりささんは、国立音楽大学器楽学科ピアノ専攻卒業。個人でも、デュオとしてもさまざまなコンクールでの受賞歴を持つ。「ピアノやほかの楽器を習うのは楽しかった。点字の楽譜を読んだり、先生に音を出してもらったり。音楽には終わりがないから楽しい」と屈託なく笑う。

 現在は町田市内で二人暮らし。「大抵のことは自分たちでできます。ピアノにのめり込むことで何とかなる。そのピアノで悩むこともあるけれど」と笑う。毎日5・6時間、コンサートのためのピアノ練習を欠かさない。毎週日曜日には電車で伊勢原の教会に行く。「そこで知り合った人がいつも手伝ってくれています。チラシを作ったり、会計をしてくれたり。とてもありがたい。今回も地元の人たちのサポートが多いです」。元ガイドヘルパーや、町で見かけて声を掛けてくれた人もいる。「不便なことは自ら声を掛けちゃうんです。支援してください、と」とニコリ。

 今後も目の前のコンサートを1回1回続けていく。「たくさんのお客さんに聞いてもらい、また来たいと思ってもらいたい」。周りの人の支援を受けながら、周りの人たちに癒しと自分たちの不便さへの理解を与えていく。チケット2000円、問合せは、前日までは【電話】042・728・5933りえ・りさDuoへ。当日は【携帯電話】090・3342・0607佐藤さんへ。

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

町田版のトップニュース最新6

来館者20万人を達成

小野路宿里山交流館

来館者20万人を達成 文化

“おもてなし”の心、リピーター呼ぶ

6月13日号

交通安全で都知事感謝状

町田市

交通安全で都知事感謝状 社会

3度の受賞は自治体初

6月13日号

日本初の大会で金賞

英国発祥イベント

日本初の大会で金賞 文化

町田の甘夏で作ったマーマレード

6月6日号

町をふらっと作家目線で

町をふらっと作家目線で 文化

縁の地巡る散歩ツアー

6月6日号

品質向上に貢献

町田市優秀工事賞

品質向上に貢献 経済

対象109件中4件が受賞

5月30日号

移動スーパーで恩返し

移動スーパーで恩返し 社会

46年住んだ地域の一助を担う

5月30日号

11月に「まちびらき」

南町田グランベリーパーク

11月に「まちびらき」 社会

230以上の施設が続々

5月23日号

あっとほーむデスク

  • 5月30日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

  • 4月18日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

花摘み娘の演出も

町田薬師池公園 花しょうぶ

花摘み娘の演出も

200種2千株が咲く

6月1日~6月30日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年6月13日号

お問い合わせ

外部リンク