町田版 掲載号:2019年10月3日号 エリアトップへ

ゼルビア×キッチンの専属管理栄養士で、市中学給食にコラボ献立を提供する 井上 祐子さん 野津田町在勤 40歳

掲載号:2019年10月3日号

  • LINE
  • hatena

選手の、町田の子たちの母

 ○…管理栄養士として栄養バランスを整えた献立作成や衛生管理のアドバイス、食育活動などを行う。店のベテラン女性スタッフたちとともに、Jリーグ選手の体調管理や育成選手たちの身体づくりを「家庭の味」で支えている。「元々の献立に栄養価を計算し、プラスしていくのが私の役目。アカデミーの子には栄養に加えてエネルギーも計算してメニューを作ります」と笑顔で話す。そんな選手たちのカラダの基を、様々な「日替り定食」として地域の人にも提供している。評判は上々だ。

 ○…栃木で生まれ育った活発なお転婆娘。「田舎なので…」。野菜などはよく近所から大量にもらったという。「それをいろんな形で料理にしたりね。試験的なメニューもいっぱい」。必然、料理に興味を持ち、母を手伝ったり、自分で調理したり。調理師になろうと考えたが、父の勧めで栄養士を目指す。短大で学び、全国コンクールで1位になったことも。それが縁を生み、宮内庁三笠宮様の侍女も2年務めた。

 ○…中一の娘を持つ母。出産後、バセドウ病を発症した。昆布などのうま味成分に含まれる「ヨード」を制限するなど、病気と向き合いながらの生活。支えてくれる家族に感謝し、だからこそ「健康寿命を延ばすための食事を大切にしたい」。

 ○…小・中学校の栄養士も務めた。今でも授業に呼ばれて教壇に立つこともある。「そういう経歴をみて、市の教育委員会から声が掛かったのだと思います」。こうしてコラボ献立が生まれることに。『食育』は積み重ね。今日伝えきれなくても、伝え続けることが大事だという。「自分が話したことや料理を食べた教え子が、大人になった時、職業に活かしてくれたら嬉しいし、親になって、自分の子どもに教えてもらえたら嬉しい」

町田版の人物風土記最新6

玉木 靖浩(やすひろ)さん

小山、小山ヶ丘、相原地区を管轄する南大沢署の署長を務める

玉木 靖浩(やすひろ)さん

警視 58歳

11月14日号

三上 豊さん

ウェブサイト「町田市ゆかりの美術家たち」の運営責任者を務める

三上 豊さん

和光大学教授 69歳

11月7日号

岩崎 襟さん

11月から子どもたちに向けて楽しいレスリングの指導を町田で始める

岩崎 襟さん

鶴川在住 39歳

10月31日号

平本 勝哉さん

10回目を迎えた「町田時代祭り」の実行委員長を務める

平本 勝哉さん

 原町田在住 72歳 

10月24日号

山田 高司さん

地域イベント「第1回まち丘の日2019」の実行委員長を務める

山田 高司さん

 大蔵町在住 37歳 

10月17日号

伊藤 啓子さん

町田市一般体操・リズム運動連盟の会長を務める

伊藤 啓子さん

小野路町在住 

10月10日号

あっとほーむデスク

  • 10月24日0:00更新

  • 10月17日0:00更新

  • 5月30日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月14日号

お問い合わせ

外部リンク