町田版 掲載号:2019年10月24日号 エリアトップへ

10回目を迎えた「町田時代祭り」の実行委員長を務める 平本 勝哉さん  原町田在住 72歳 

掲載号:2019年10月24日号

  • LINE
  • hatena

ワンチーム、みんなで作る

 ○…「町田時代祭り」には1回目から武将の鎧を身にまとって参加。当時は町田商工会議所の会頭としてだった。実行委員長として迎える10回目。「毎年楽しみにしてくれている人たちが増え、祭りとして定着してきた」と感じる。甲冑や直垂、壺装束、女袴などの時代衣装で街中を練り歩く「時代行列」が好評だが、「今後はもう少し時代考証を重ねて、もっと町田という地域性が出せるものにできたら」と考える。

 ○…町田で生まれて、この地で育った。創業百余年の会社を若くして亡くなった父親から引き継いだのは30代のとき。「何事にも誠実であれ」をモットーに、未来に挑戦する企業を目指してきた。一方、これまで町田青年会議所の会長をはじめ3期務めた商議所の会頭、地元出身力士の後援会長など地域社会に貢献することにも積極的に取り組んできた。

 ○…子ども時代、町田街道は砂利道だったし、家の近所には原っぱがたくさんあった。勉強よりも三角ベースや相撲など、体を使う遊びが好きだった。高校、大学はラグビー部。「一人ひとりが自分の役割を黙々とこなし、チームが一つになってトライを目指すことが魅力的だった」と語る。当時の仲間とは今でもつながっている。息抜きはテレビでスポーツ観戦。もちろん、ラグビーW杯も存分に楽しんでいる。特に日本の快進撃は自分のことのように嬉しい。

 ○…「実はいい加減なんですよ」。自身が先頭に立つよりも、周囲の人々を信じて任せる方だ。誰がヒーローというわけではない。大切にしているチームプレーはラグビーで培ったものかもしれない。「みんなの力で作りあげてきたお祭り。多くの方に参加いただき、祭りとともに秋の芹ケ谷公園も楽しんでもらえたら」と目を細めてほほ笑んだ。

町田版の人物風土記最新6

島田 旭緒(あきお)さん

日本で唯一となる動物専門の義肢装具士で、金井中で講演を行った

島田 旭緒(あきお)さん

根岸在住 39歳

12月5日号

西村  宗さん

市民文学館ことばらんどで4コマ漫画「サラリ君」の原画を初公開した漫画家の

西村 宗さん

玉川学園在住 83歳

11月28日号

西 利也さん

鶴川団地活性化プロジェクトのために電動カートの会社を立ち上げた

西 利也さん

高ヶ坂在住 47歳

11月21日号

玉木 靖浩(やすひろ)さん

小山、小山ヶ丘、相原地区を管轄する南大沢署の署長を務める

玉木 靖浩(やすひろ)さん

警視 58歳

11月14日号

三上 豊さん

ウェブサイト「町田市ゆかりの美術家たち」の運営責任者を務める

三上 豊さん

和光大学教授 69歳

11月7日号

岩崎 襟さん

11月から子どもたちに向けて楽しいレスリングの指導を町田で始める

岩崎 襟さん

鶴川在住 39歳

10月31日号

あっとほーむデスク

  • 10月24日0:00更新

  • 10月17日0:00更新

  • 5月30日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

卒業生らの作品中心

卒業生らの作品中心

町田三田会美術展

12月11日~12月15日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月5日号

お問い合わせ

外部リンク