町田版 掲載号:2019年10月31日号 エリアトップへ

11月から子どもたちに向けて楽しいレスリングの指導を町田で始める 岩崎 襟さん 鶴川在住 39歳

掲載号:2019年10月31日号

  • LINE
  • hatena

「心も身体も強くなろう」

 ○…「いつかは指導者に」。温めていた夢を叶えるチャンスをくれたのは子どもたちだった。小学4年の長女と年長の次女がレスリングを始めたことがきっかけで、引退以来、久しぶりにレスリングシューズに足を通した。忘れかけていた思いがみるみると湧き上がる。「選手時代、できたこと、できなかったこと。そして何よりも、レスリングが楽しかったことを多くの子どもたちに伝えたい」。地元のスポーツクラブを通し、町田にスクールを開くことになった。

 ○…自身がレスリングを始めたのは高校生になってから。体が弱く、反対する母親を説得した。「いろいろな習い事もやったけど、レスリングに出合って『これだ』と思いました」。練習はきつく、とても一人では耐えられなかった。それでも同じ目標に向けて一緒に戦う仲間がいたから頑張れた。試合になれば、マットの上では一人。しかし、振り向けば多くの人たちに支えられていた。

 ○…けして才能があったわけではない。何をやるにも人より遅かった。世界選手権に出場したのは社会人になってから。そんな中、一度目の出場で取れなったメダルを、ケガを押して出場した2度目の舞台でつかんだ。「ケガさえなければ」。嬉しさと悔しさの混じる銅メダル。頂点には立てなかったが最低限の結果を出したことで選手としての自分に終止符を打つ。

 ○…「今はわくわくしている。レスリングで心も身体も強くなろうと伝えたい」。指導者としての二度目のレスリング人生は明るい。自分にとってレスリングの魅力。それは一言では表せない。勝ち負けや試合に向けた努力、仲間たちとの絆。「やってみなければわからない面白さがある」。今度は教える立場になって、子どもたちと一緒に「その面白さ」を見つけたい。

町田版の人物風土記最新6

宮野 茉莉さん

玉川大学卒でNBAのチアリーダーのオーディションに挑戦する

宮野 茉莉さん

都内在住 24歳 

6月10日号

馬川 賢一さん

鶴川団地センター名店街のカフェでコンサートを開く「うまけん」こと

馬川 賢一さん

薬師台在住 52歳

6月3日号

力武(りきたけ) 誠さん

ギターのリペアマンとして経験を生かしたオリジナルギターを製作する

力武(りきたけ) 誠さん

大和市在住 44歳 

5月27日号

飛田 奏(かな)さん

ACジャパン広告学生賞の新聞広告部門でグランプリを獲得した

飛田 奏(かな)さん

桜美林大学 3年

5月20日号

鈴木 椎那(しいな)さん

6月20日(日)の「少し遅い母の日コンサート」に出演する

鈴木 椎那(しいな)さん

相模原市在住 25歳 

5月13日号

佐藤 昇さん

自身の教育論・教師論を著した『子どもに寄り添う教師』を上梓した

佐藤 昇さん

高ヶ坂在住 72歳

5月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月29日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter