町田版 掲載号:2020年3月19日号 エリアトップへ

企業表彰 仕事と家庭の両立評価 老舗酒店の(有)蔵家 が受賞

社会

掲載号:2020年3月19日号

  • LINE
  • hatena
賞状を掲げる浅沼芳征代表取締役
賞状を掲げる浅沼芳征代表取締役

 町田市による「仕事と家庭の両立推進企業賞」の表彰企業がこのほど決定し、木曽西にある有限会社蔵家(浅沼芳征代表取締役)が受賞した。市は仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)の効果的な推進を目的とした同賞の表彰を2008年度より実施、これまでに32社を表彰している。

 今回の表彰は同社の法定を上回る育児介護休業規定に加え、男性社員への積極的な育児休業取得の奨励、社員が輪番制でシフトを作成すること、自社所有の保養所や社外にハラスメント窓口を設置していることなどが評価された。浅沼代表は「家業を継いでから、コツコツと改革してきたことが理解してもらえて嬉しい。今後も続けていきたい」と話す。

 同社は1974年に浅沼代表の両親によってリカーポート蔵家として創業。過去にも農林水産大臣賞や町田私の好きなお店大賞、魅力ある町田のシンボル企業など数々の受賞歴を持つ老舗だ。

外にいたから見えたこと

 浅沼代表は20年続けた会社勤めの後、家業を継いだ。

 会社を引き継いだ時、まず休みや営業時間の改革に着手。午後9時半まで開けていた店を8時までに短縮。その理由を「笑顔でお客さんに接して、いろいろなアイデアを提供するには店の人間が疲れていてはいけないから」と述べた。さらに「結果、来店しにくくなった方もいるかもしれないが、時間を作って、わざわざ足を運んでもらう価値のある店でありたい」と言葉を強めた。

 質の良い仕事を提供するためワインソムリエやフードコーディネーターなど資格奨励制度も設けた。社員のスキルアップにより接客の幅が広がり、社内に良い雰囲気が出来上がってきたことで、今回の受賞につながったと感じている。

町田版のトップニュース最新6

高齢化進む団地に若い力

町田木曽住宅

高齢化進む団地に若い力 社会

桜美林大とJKKが連携

4月9日号

「こんにちは、ゼルビー」

FC町田ゼルビア

「こんにちは、ゼルビー」 社会

新生児へ贈り物

4月9日号

子年だけ逢える観音菩薩

河上山福寿院

子年だけ逢える観音菩薩 文化

33霊場で開帳 市内では唯一

4月2日号

待たれる新学期開始

市内小・中学校

待たれる新学期開始 教育

新型コロナで状況変更も

4月2日号

町田駅前デッキが桜満開

町田駅前デッキが桜満開 社会

初めてテント支柱も装飾

3月26日号

初の単著で大臣新人賞

和光大学教授

初の単著で大臣新人賞 教育

越中おわら風の盆を描く

3月26日号

あっとほーむデスク

  • 3月26日0:00更新

  • 1月16日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月9日号

お問い合わせ

外部リンク