町田版 掲載号:2020年9月10日号 エリアトップへ

まちだの寺子屋プロジェクト代表で寺フェス秋の陣を監修する hiroさん(本名:亀山典弘) 相模原市在住 40歳

掲載号:2020年9月10日号

  • LINE
  • hatena

やるからにはとことん

 ○…「寺をもっと身近に、日常のプラットホームに」を求めて仕掛けた寺子屋プロジェクトは、集まる皆の居場所であり、活躍の場。「子どもも高齢者も障害者も健常者もごちゃまぜ。寺で地域コミュニティが育てばいい」と笑顔で話す。寺フェスはここでインプットした知識をアウトプットする場だという。子どもたちにもお金の流れや社会について学ばせる。それに対するフォローが自分の役割。口も出すが、背中で見せる。

 ○…27歳で仏門に入るも、寺の機能が足りていないと感じた。どうせなら昔の流れを変えてやろう。内部より外部改革。お墓参りが、寺に来るのが楽しくなるような仕組みを考案。フリマを企画し、駄菓子コーナーを設け、寺子屋を始めた。ほどなく賛同者が現れる。やるからにはとことんやりたい。ただ楽しいだけではなく、企画する側にもメリットが出るように。だからイベントではなくプロジェクト。「『仲間』とか『絆』とかは後からついてくる」

 ○…祥雲寺の長男。中学・高校は都心の学校に。そこでスケートに出合う。負けん気の強い性格。誰よりもうまくなりたいとのめり込む。北海道の大学に進み、アイスホッケーにも努める。「新しいことを始めると自分より優れている人がいっぱい。越えたくなっちゃうんですよね」。格闘技もテニスもとことんやり込んだ。決してプロになりたいわけじゃない。だから試合も見たことはない。すべては自分が強くなるためだ。

 ○…「結果を出すことが全て」。目の前のことに100%集中する。ノリや付き合いで始めたことも力が抜けない。今後はあまり考えていないが、理想はある。「ここでの活動が全国7万9千ある寺に広がったらいいね」と目を輝かせる。

町田版の人物風土記最新6

渡辺 有一さん

町田市民文学館で9月29日から絵本の原画を展示する

渡辺 有一さん

市内在住 77歳

9月17日号

hiroさん(本名:亀山典弘)

まちだの寺子屋プロジェクト代表で寺フェス秋の陣を監修する

hiroさん(本名:亀山典弘)

相模原市在住 40歳

9月10日号

山尾 研一さん

町田聖書キリスト教会牧師で町田防災ネットワーク代表を務める

山尾 研一さん

忠生在住 49歳

9月3日号

楠 絵里奈さん

ストリートピアノのユーチューバーとしてデビューした

楠 絵里奈さん

市内在住 25歳 

8月20日号

船越 多美子さん(宮崎 多美子)

本日から開催されるギャラリーカフェアルル。の展覧会に出品する

船越 多美子さん(宮崎 多美子)

小山ヶ丘在住 64歳

8月13日号

坂東 正敬さん

開幕したスーパーGTに参戦する町田のレーシングチームを率いる

坂東 正敬さん

山崎町在住 44歳 

7月30日号

町田市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 9月3日0:00更新

  • 7月30日0:00更新

  • 7月23日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年9月17日号

お問い合わせ

外部リンク