町田版 掲載号:2020年11月12日号 エリアトップへ

秋の褒章に町田から3人 長年の功績に栄誉

文化

掲載号:2020年11月12日号

  • LINE
  • hatena

 政府は11月3日付けで2020年秋の褒章受章者を発令、町田市内からは3人が選ばれた。

 褒章とは社会における優れた行いや業績のある人に褒章の記章を授与するもので、功績の内容により紅綬褒章、緑綬褒章、黄綬褒章、紫綬褒章、藍綬褒章、紺綬褒章の6種類がある。

 朝日工営(株)代表取締役の大滝睦男さん(74)はその道一筋に励んだ人を対象とする黄綬褒章を受章した。34歳で同社を創業。現在、(公社)東京都宅地建物取引業協会副会長、東京都宅地建物取引業保証協会常任幹事、全国宅地建物取引業協会連合会理事、全国宅地建物取引業保証協会常務理事を務めるなど、宅地建物取引業の業務に精励した功績を称えられた。「役員を一生懸命やってきた結果です。新型コロナの影響で天皇陛下への拝謁が叶わず寂しいですが、周りの方たちにお祝いしてもらえて嬉しいです」と述べた。

 保護司の原雄三さん(77)は更生保護功績を称えられ藍綬褒章を受章した。長野県から上京し、警視庁に10年勤務した後、48年前に(有)京南を創業。町田地区保護司会に入会し、25年を超えて今も保護司として活動している。表舞台に立つ機会は少ない保護司という仕事だが、社会奉仕の精神を持って使命を果たすために従事。「多くの人との良い縁があって今の自分がある、今回の受賞に関しては自分というよりも、町田地区保護司会の仲間や活動を支援していただいている皆さんに対してのご褒美だと思っています」と話した。

 町田市消防団副団長の青木正光さん(55)は消防功績で藍綬褒章を受章。高校卒業後、夜間大学に通いながら家業に入り現在、(有)アオキ建設産業の2代目。18歳から市消防団に入り、2017年には人命救助の功労で消防総監賞を受賞。消防少年団の副会長も務め、隊員を指導するなど青少年育成にも尽力する。「コロナ禍で大々的に訓練ができない中、災害に備えて少人数で地道に訓練しています。今回の受章は消防の先輩や周りの人たちのおかげ。色々な人から祝電をもらい、徐々に実感してきました」と述べた。

大滝睦男さん
大滝睦男さん
原雄三さん
原雄三さん
青木正光さん
青木正光さん

町田版のローカルニュース最新6

DV撤廃を目指して

DV撤廃を目指して 社会

市内2ソロプチが啓発

12月3日号

コロナ禍の制作活動を応援

鶴川ショートムービーコンテスト

コロナ禍の制作活動を応援 文化

密避けて新スタイルで

12月3日号

くじ引きで地域還元

アレサ商栄会

くじ引きで地域還元 経済

12月3日号

イルミネーションが点灯

2021年1月末まで

イルミネーションが点灯 文化

鶴川駅前やすらぎ公園

12月3日号

小さな命を守る里親探し

小さな命を守る里親探し 社会

コロナ禍で保護犬急増

12月3日号

日本の歩む道は

演説大会

日本の歩む道は 教育

11月28日 杜のホールはしもと

11月26日号

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 10月29日0:00更新

  • 9月24日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年12月3日号

お問い合わせ

外部リンク